舌みがきで感染対策!!

ここ数週間でまた新型コロナウイルスの感染者が増加してきています。

とても不安な日々が続きますね。

 

日本は海外の他の国々とちがって、国民ひとりひとりがやるべきことをしっかり

守っているといわれています。これは、日本人の国民性です。

とにかくマスクを!!と言われれば、たとえ小さいお子様でも予防の為にと

きちんと言われたことを守り、徹底されています。

この素晴らしい国民性を大事にして、少し慣れてしまってきた毎日に

再度、新型コロナウイルス対策を心がけていきたいです。

私も感染対策について、いま一度意識をもって行動したいと思います。

 

新型コロナウイルスの感染予防対策として、当たり前ですが手洗やうがいはもちろんのこと

マスクをし、手のアルコール消毒などを実践されていると思います。

けれども、感染予防の1つとして「舌みがき」されている方は意外に少ないのでは

ないでしょうか。

 

舌の表面には舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい突起があり、この中に食べかすなどがたまり

これが細菌のすみかになってしまいます。

このように食べかすや剥がれた粘膜などが付着してできた白い塊(よごれ)を舌苔(ぜったい)といいます。

 

「舌みがき」とすることで、お口の中の細菌を減らすことができます。また、白い汚れ、舌苔(ぜったい)の中に

新型コロナウイルスが付着する可能性もあるので、この時期だからこそ「舌みがき」をして感染予防をしていきましょう。

 

久米歯科クリニックでも舌ブラシを販売しております。

舌の奥から舌先にむかって清掃してもらうとキレイにお手入れできますのでぜひ、実践してみてください(^^)/