院長紹介

intyo

院長 久米 忠
昭和 28年11月28日生まれ
出身:徳島県
NPO法人ウェルビーイング会員
NPO法人お口の健康ネットワーク

こんにちは。久米歯科クリニックの院長 久米 忠です。

昭和61年、岸和田市に久米歯科医院を開設し、地域医療に貢献してまいりました。

その後、長年の夢であった予防歯科の花を泉州に大きく咲かせたいという思いをより強くし、平成17年に現在の下松町に「久米歯科クリニック」を移転開業いたしました。

当院は予防中心のクリニックです。歯を削って詰める従来の歯科治療ではなく、健康な歯で長く美味しく食事がとれ、生き生きと生涯を楽しめるような診療をおこなっております。

予防診療を通して笑いと涙のある心の交流が診療室のあちこちにくり広げられています。

「病気の人が健康になれるように、健康な人がより元気になれるように。」
そんな思いで予防歯科を頑張っています。

小さなお子様からご高齢の方まで、みなさまどうぞお気軽にご連絡下さい。

経営理念

rinen

朝露に輝く光

天をつく落葉松林

旅人の夢

1.うるおいと温かみのある笑顔(人間観)

久米歯科クリニックは、来院者の心身のQ・O・Lを高めることを目的とし、全スタッフがいき活きと積極的に歯科診療に取り組み、患者満足度の高揚をはかることの中から、寛容と忍耐を学び,感化力ある人間に成長できる職場環境 をつくります。

(感化力ある人間:周囲にいい影響を与え、周囲の環境すらより良く変えていける人)

2.こころと身体の創健(医業観)

久米歯科クリニックは、独創性ある臨床予防歯科をベースに、全スタッフが患者さん1人ひとりの状況に合致した診療にたずさわると共に、患者様にとって有益な診療への啓蒙活動を行い、自院と関わる人々の調和をはかりながら永続性ある主体的医院を目指します。

3.活力ある社会への貢献(社会観)

久米歯科クリニックは、人々が健康を増進し、文化的な生活を堪能できる歯科医療を目指し、地域の人々の連綿と続く生命(いのち)の流れを受容し、一人でも多くの患者さんに、自らが光明を見い出せる関わりを通して、医院とスタッフの成長が社会の発展に貢献できることを使命とします。

・患者様の要求には、早く迅くともかく速く応える
・やさしい言葉がけとツーウェーの対話
・心配りに気働き

→久米歯科のスタッフ紹介についてはこちらをご覧下さい。