定期健診でいつまでも健康なお口

皆さん歯のクリーニング(定期健診)をうけられたこと、ございますか??

 

 

「いま痛い歯なんてないし。」

 

「痛くなってから行けばいいや。」

 

など症状が現れてから、歯科医院に来院される方が多いのではないでしょうか?

 

定期健診は虫歯・歯周病を未然に防ぐためにとっても大切です。

 

そして何歳になっても自分の歯をキレイに保ち続けたいものです。

 

高齢になると入れ歯になる。というイメージがありますか?

 

歯が抜ける原因…

 

第一位:歯周病

 

第二位:虫歯

 

第三位:事故(外傷)

 

歯周病で歯が抜けて、自分の歯を失う方が一番多いのです!

 

定期健診ってどんなことするの?

 

  1. 歯周ポケット検査
  2. プラークを染め出す
  3. PMTC
  4. 歯石除去
  5. 歯ブラシ指導
  6. フッ化物

 

 

 

 

  1. 歯周ポケット検査

 

通称プロービング。歯周ポケットを測ります。

歯と歯ぐきの間の溝の深さを測って、歯を支えている骨の減りが確認できます。

出血の有無で歯ぐきの炎症も確認。

 

 

 

  1. プラークの染め出し

 

歯についている軟らかい汚れに、染液をつけて普段磨けていない所を確認

 

 

  1. PMTC

 

専用の機械を使って、歯の表面の汚れやバイオフィルムの除去。

バイオフィルムは普段の歯磨きではなかなか落ちません。

バイオフィルム…ばい菌が生成する、ぬるぬるした汚れ。(細菌の塊

PMTCで着色も除去(茶しぶ、タバコのヤニなどの付着物)

 

 

 

  1. 歯石除去

 

通称スケーリング。

 

歯に強固に付着した汚れで、歯石は普段の歯磨きでは取れません。

 

歯石…プラークが固く石灰化したもの

 

歯石を放っておくと、ざらざらした表面にまた歯垢・歯石が付着。

 

歯石は細菌の塊です。

 

 

 

 

 

 

  1. ブラッシング

 

歯科医院がおすすめする、歯周病対策の歯ブラシで磨きます。

 

歯並び、唾液量などお口の中の状況は一人一人異なります。

 

そのため、その方に合った磨き方・ケア方法をお伝えします。

 

歯ブラシの種類もたくさんあります。ヘッドの大きさや毛の軟らかさ。

 

歯磨き粉(歯磨剤)ひとつにしても、お口のお悩みや・状況によってどういう

歯磨剤を選ぶかで大きく変わります。

 

 

 

6.フッ化物塗布(ふっかぶつとふ)

 

歯にフッ化物を塗布する。

 

歯質を強化し、虫歯になりにくくします。(特に小児の乳歯列期や混合歯列期は効果が大きくみられます。

 

↑完成された永久歯よりも効率よくフッ素を吸収します。

 

 

 

定期健診はこういった内容を、4ヶ月に一度行います。

 

歯周病対策だけでなく、虫歯の有無に関わらず

 

予防や治療個所の早期発見・早期治療にもつながります。

 

ずっと自分の歯を健康に保って、豊かな人生を送りましょう☺