キシリトールはなぜ虫歯予防に効果があるの?

今ではよく知られているキシリトールですが、

虫歯予防にキシリトールがいいって本当?

☆ 本当です!!

 

➀虫歯とは、口腔内の常在菌(ミュータンス菌)が砂糖などをえさにして、

ちょうど人間が飲食をして それを代謝したあと便を出すように強力な酸を出します。

その酸が歯を表面から溶かしていく病気です。

しかし、本来人間は 唾を出すことによって酸性に傾いた歯の表面を中性に戻す事で

虫歯になるのを予防しているのです。

 

①について

キシリトールを砂糖と間違ってミュータンス菌が食べるのです。

ところが菌はキシリトールを消化(代謝)できないので酸をつくれなくなるのです。

それだけではなく、消化不良をおこして死んでいくため、菌の数が減少するのです。

 

それはこんなイメージでしょうか?

人間がご飯と間違って 発泡スチロールを砕いたつぶつぶしたものを食べて消化不良を起こし

大変な事になるようなものです。

 

●ミュータンス菌も砂糖と間違って キシリトールを食べるのです。

つまり だまし餌というわけです。

●キシリトールガムを噛むことで唾液がたくさん出てきて

歯の表面を中和してくれるのです。

 

 

以上の2点のことを考えながらキシリトールガムを噛むと

結構楽しいものです。

 

次によく質問されるのは

「キシリトールとフッ素(フッ化物)はどっちが虫歯予防に効くの?」です。

・・・これは それぞれ効果の発現機序が違うので一概に言えません。

 

フッ素(フッ化物)は、歯の質を固くして(鍛えて)虫歯菌の酸で溶けにくくするもの。

キシリトールは、菌の数を減らしてその結果、菌を少なくして溶けにくくするもの。

ですから、併用がベストです。

 

「何歳くらいから使えるの?」

・・・歯が生えてきたらすぐ使えます。

出来るだけ早期が有効です。

それは歯が生えるとすぐに、ミュータンス菌が歯の表面にくっついて酸を出すからです。

小さいうちは、キシリトールタブレットが適しています。

 

「キシリトールガムの効果的な噛み方は?」

虫歯菌はいつも腹をすかしているので、食後すぐ(30分以内)に噛んで、

できるだけ長く口の中に入れておくと キシリトールが虫歯菌の中に浸透しやすくなります。

参考までに キシリトール成分100%のものが、最も効果が高いです。

 

でも、キシリトールも取りすぎると 下痢を起こすことがあるので ほどほどに。