マウスピース矯正!インビザライン!目立たない!

 

矯正の装置ってみなさんどんなイメージがありますか?

 

一般的によく知られている矯正装置は、歯に直接、金属のブラッケト装置を付け、ワイヤーの力で歯を動かしていきます。しかし、装置が金属でできているため、見た目が気になるという方が、多いです。

 

「 歯並びが気になるけど、目立つ治療はイヤだなー 」と悩まれている方、、、、、、

 

矯正装置って目立たないものもあるのです!

 

近頃の矯正は、表側からは見えない装置や、ワイヤーを使わない透明な装置など、患者さまのご要望に応えた様々な種類の矯正装置が開発されています。

 

 

たくさんの矯正装置がありますが、マウスピース矯正というものをご存知ですか???

 

 

マウスピース矯正の中でも、今回は「 インビザライン 」を紹介いたします。

 

インビザライン(Invisalign)

 

ワイヤーやブラケットなど金属を一切使わず、マウスピース型の矯正装置を歯に装着することで、歯を移動させるのがこのマウスピース矯正。

 

はじめに精密な歯型をとり、その人の歯に合ったマウスピースを作ります。

 

マウスピースは2週間ごとに変え、徐々に歯を動かしていきます。

メリットは、矯正装置(マウスピース)が透明に近いため、周囲の人に矯正しているのが気付かれにくいこと。

金属アレルギーの方でも問題なく使用できます(^-^)

 

また、装置は厚さが1ミリ以下と薄いので、装着時の違和感や不快感が少ない傾向にあります。

 

また、取り外しができるので、食事のとき、歯磨きのとき、ほとんどストレスなく行えます。

 

ブラッケット装置ではやはり、歯磨きがしにくいため、清掃不良になり虫歯・歯肉炎になりやすい傾向にあります。

 

せっかくきれいな歯並びにしても、歯ぐきが腫れていたり、虫歯があるともったいないですよね…

 

マウスピースだと、ふだんの歯磨きもしっかりできます。

 

そして、マウスピース自体も専用の洗浄剤などがあり、清潔に保つことが可能。

 

 

ただ、マウスピース矯正をおすすめできない方もいらっしゃいます(;O;)

 

マウスピース矯正は抜歯を伴うような、複雑な矯正治療の場合、ブラケットの矯正よりも時間が長くかかってしまったり、奥歯の噛み合わせが悪くなってしまうことがあります。

 

大きく歯を動かす場合や大きな不正咬合がある方は、マウスピース矯正よりかブラケット装置で行った方が効果的な場合があります。

 

そのため矯正専門医による、診断が必要です。

 

いかがでしょうか。マウスピース矯正はたくさんのメリットや、自信を持った笑顔になる手助けをしてくれます。

 

\ Happy Smile