タバコやコーヒーで歯が茶色い!着色汚れを落とす効果的な方法

 

着色とは?

着色とは、歯の表面にタバコのヤニが付いたり、コーヒー紅茶の色素が茶色くついたものです。

特に、前歯などに付いてくると、人と話しをする時や鏡を見るたびに気になってきますよね。

一度気になってしまうとずっと気にしてしまうものです。

 

そこで、効果的に歯の“ヤニや着色を取る方法”をご紹介したいと思います。

 

ご自宅で行える方法と、歯医者で行える方法をご紹介いたします。

 

ご自宅で歯の着色を取る方法

 

  • 美白ホワイトニング歯みがき粉 を使用する

 

 

当院のお勧め美白ホワイトニングハミガキ粉が「スーパースマイル」です

 

スーパースマイルは、独自成分の ☆カルプロックス☆ が、歯に付着した着色を削らずに分解して取るため、歯のエナメル質を傷つけることなく歯に優しく白くする事が出来ます!!

 

☆使用効果☆

・歯を白くする

・口臭予防

・歯周予防

・歯垢予防

 

★ご使用ポイント★

乾いた八ブラシに1/3程度スーパースマイルをつけ、水をつけずにそのまま磨いて頂く方が歯を白くするのに効果的です!!

 

 

実際に使用してみると、汚れがしっかりとれている感じでツルツルした磨き心地になり、やみつきにになります!!リピーターが続出です

 

ここで注意して頂きたいことは、市販の粗い研磨剤の入ったハミガキ粉を使用すると、歯の表面のエナメル質が傷つき、歯を削ることになり、余計に着色も付きやすくしてしまうので、ご注意下さい!!

 

また、着色を付きにくくするための予防法として、コーヒーや紅茶などの、着色の付きやすい物の頻度を減らしたり、禁煙することは着色を付きにくくします。

 

飲み物の中で、一番着色しやすい物は何だと思われますか?

 

よく、コーヒーと思われてらっしゃる方が多いようですが実は、、、そうではないのです。

 

着色しやすい飲み物ランキング~~!!

 

☆第1位☆ 赤ワイン

☆第2位☆ 紅茶

☆第3位☆ お茶

☆第4位☆ コーヒー

 

なんです!!イメージと違いますよね。

 

では、次に、歯医者で着色やヤニを取ってもらう方法についてお伝えします。

 

 

 

歯医者で歯の着色を取る方法

 

  • 歯のクリーニングをしてもらう

 

 

歯に付いたコーヒーや紅茶の着色を細かいところまでキレイに取るには、歯医者でのクリーニングが必要になります。

また、着色を取るだけでなく、歯のトリートメントで表面の傷を修復しツルツルになるので着色が付きにくくもなります。

一度きりでなく、4か月に一度の定期健診でクリーニングを定期的に受けて常に歯をツルツルにする事が、むし歯や歯周病予防にもなり、結果的に歯が長持ちしますので、定期健診の受診はすごくオススメです!!

 

  • 頑固なヤニを取る超音波クリーニングをしてもらう

 

 

タバコのヤニは歯に強力に付いてるので、超音波振動でヤニを落とす、超音波クリーニングを受けて頂くとしっかりキレイに取る事が出来ます。

広範囲に付いてるヤニを取る場合には、数回に分けてお取りする場合もございます。

取った後、タバコを吸っていると再び付いてくるので、定期的に通って頂いてお取りされることをお勧めします。

 

 

これを機に、歯医者で着色やヤニを取ってもらって輝く白い歯を手に入れましょう☆