大人になって始める歯科矯正

大人になって矯正をするべき理由と利点

 

歯科矯正というと、小学生くらいの子どもが治療を始めるイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

子どもの頃と比べると、大人の歯は生えている位置が定着しているので歯列矯正には時間がかかりますが、大人になってから始めても十分間に合います。

 

最近は、審美面(見た目の美しさ)のメリットを求めて、大人になってから歯列矯正を始める人も増えています。

また、歯並びを整えることは、審美面だけでなく、全身の健康状態にも良い影響を及ぼすことが分かっています。ここでは、歯を矯正することのメリットや、具体的な矯正方法などをご紹介します。

 

 

 

1.コンプレックスから解放 

歯列矯正によるもっとも大きなメリットは、歯並びが悪いというコンプレックスから解放され、ストレスが解消することです。

「人の目を気にすることなく自然な笑顔でいられる」「考え方が前向きになった」「何事にも積極的に取り組めるようになった」など、性格や考え方にプラスの影響を及ぼすこともあります。

 

2.噛み合わせが整う

 

歯の位置がずれていることによる噛み合わせの悪さが解消します。噛み合わせが整うと、左右の歯でしっかりと咀嚼することができるようになります。

その結果、胃腸など消化器官への負担も減らすことができます。特定の歯だけに強い力が加わることがなくなり、歯ぎしりをしなくなったというケースもあります。

 

3.虫歯や歯周病になりにくくなる

歯列がそろうと、歯磨きやデンタルフロスがしやすくなります。歯の間に食べたものが詰まりにくくなり、詰まっても歯磨きで簡単に落とせるようになるので、虫歯や歯周病のリスクが大幅に低減します。口腔内が清潔に保てることから、口臭の改善も期待できます。

 

4.全身の健康状態を整える

 

また、しっかりと咀嚼しあごを動かすことは、唾液の分泌を促し、脳に刺激を与えます。唾液は消化を助けるだけでなく、免疫力アップにも役立つといわれています。

脳内の血流が増えると神経活動が活発になり、脳全体が活性化すると考えられています。

歯科矯正することで、見た目も、体の内側も、より健康に若々しくなることが期待できるというわけです。

 

まとめ

歯並びを整える歯の矯正は、審美面のメリットだけでなく、その人の生き方を前向きに変えたり、体全体のバランスを整えて体調を改善したりする効果も期待できます。

日本よりも矯正治療が進んでいるアメリカでは、白くて綺麗に並んだ歯がステータスで歯並びに対する意識が比較的高いようです。

 

確かに、特に笑顔の時に歯並びの良し悪しで印象はだいぶ変わってきます。素敵な歯並びが素敵な笑顔を作るという気持ちで、一度歯医者さんに相談してみるのもいいかもしれません。疑問や質問があったらきちんと解消し、納得のいく治療ができる矯正歯科を選びましょう。

 

久米歯科クリニックでは矯正専門医によるカウンセリング、相談は無料でおこなっておりますので、お気軽にお声かけください(^O^)♪