歯茎の黒ずみは気になりませんか?

こんにちはヽ(^o^)丿久米歯科クリニックです

 

人から美しく好印象をもたれるのはやっぱり笑顔だと思います。

笑った時に見えるのが歯と歯茎ですよね

今日は少し歯茎のお話をしたいと思います♪

 

歯茎の色が悪いと気になってしまいますよね?

でも実は歯茎の色って変えることが出来るんです!!

 

歯茎の色が変わるのはそれぞれ原因があるのですが、

もちろん生まれつき色が紫っぽい人もおられます

それ以外の方はこのような理由が考えられます

 

歯周病→歯磨きがきちんとできていなかったり

歯周病により血液の循環が悪くなって紫っぽくなってしまった

 

歯周病の多くの理由はプラークや歯石が歯にたまったままに

なっていて日頃の歯磨きが行き届いていないという方が多いです。

 

保険の歯周治療や自由診療のケアで予防することが出来ます。

・保険内で4か月に1回来て頂いてクリーニングを行う。

・自由診療はメニューがたくさんありますが多くの方は

スタンダードケアを試していただいています

 

スタンダードケアは歯石除去歯肉マッサージもついていて

歯周病予防にも歯茎の変色予防一気に2つ行うことができます。

 

ガムケアもおすすめです

Beauty Care Menu

ガムケアの中には歯肉マッサージがあり歯肉マッサージをすることによって

血液のめぐりがよくなって徐々にピンク色へと改善されます。

 

 

 

喫煙者→たばこの中に含まれているニコチンやタールが歯茎に色素沈着してしまったり

たばこを吸うことで血液の循環が悪くなってしまった

禁煙するのが一番なのですが急に禁煙するのは難しいと思うので

まずはピーリングから始めてみてはどうでしょう

 

歯茎専用のアルコール薬品を歯茎に塗り色素を取る方法です

 

歯茎ピーリング

 

 

被せものの変色→被せもの、詰め物が金属でつくられたものだと

金属が唾液にまじって溶けて歯茎に色素沈着してしまうこともあります。

自由診療のものだと非金属でできているものもあります。

これらは歯茎に沈着することはありません。

審美歯科

 

理由は様々ですがいろいろな原因があります。

 

歯茎の色を変えるには

歯肉マッサージ、禁煙する、歯周病予防、

被せもの・詰め物を非金属のものに変えるなどなど

 

久米歯科クリニックではそういった方向けにいろんなメニューがあります。

 

ぜひ体験しに来てください(^O^)