歯周病とは??

最近のCMなどでも、歯周病という言葉をよく耳にするかと思います。

歯周病と言って、思いつくものはどんなものですか??

まず、

歯を磨いている時に出血があった・・・・

歯茎がはれている・・・・

これも歯周病の1つですね。

最近、なんだか歯茎か下がってきているな・・・歯が長くなったきがするな・・・

これも歯周病です。

歯周病は30歳以上で8割がなっているといわれるほど、成人の方のほとんどが歯周病になっているのです。

☆歯周病にはどうしてなるのでしょうか?

まず、歯周病は虫歯のように痛みがないので気づかないのが現状です。

自分で歯周病に気づかないので、最終段階の「歯がぐらぐらして抜ける」までに悪化した状態になって

歯医者にかけこむ・・・・ということになってしまうのです。

 

歯周病は歯の周りにある歯周ポケットという隙間に細菌が感染して起こります。

その歯周ポケットが徐々に深くなり、歯ブラシやデンタルフロスでは細菌を取れなくなってくる

と、細菌が出す毒素がその周りにある歯を支えている骨を溶かしていくのです!!

 

☆歯周病はどうすればいいのでしょうか??

歯周病は、予防ができ治療も可能です。

大切なのは予防、治療、そして定期的なメンテナンスです。

歯周病の進行を防ぐために、専門的な治療、メンテナンスを定期的に行っていただき

たいと思います。

 

☆歯周病と歯肉炎の違い

歯肉炎とは歯茎の中の骨は溶けてはいないが、歯茎だけが腫れている状態です。

10代のうちは体の抵抗力が強いために、歯を支えている骨まで溶け出さずに、歯茎だけが

腫れていることが多いのです。

そのため歯茎だけに病気がある状態を歯肉炎と言います。

 ☆歯周病ケアをおこなった後の状態を維持させる!

歯周病ケアで1度、歯石を取っただけでは歯周病はさらに進んでいってしまいます!!

歯石は歯周病菌がたまっていき歯石となりますが、直接の原因ではありません。

ですので、歯周病が進まない為に、まずやらないといけないことは

8割は毎日の歯磨き、そして、歯と歯の間にデンタルフロスなどの使用でのケアです。

そのうえで、定期的な歯石取りは歯周病菌を減らす、効果的な方法ですので

そのメンテナンスを年に数回行っていただきたいです。

 定期的に歯医者さんでクリーニングを行っていただき、歯周病の状態を維持させることが大切です。

久米歯科クリニックでも、歯周病ケア(岸和田)を行っております。ぜひ、気になる方は

ご相談、ご連絡、お待ちしております。