8020運動って?

8020運動(はちまるにーまるうんどう)って何?

 

「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

 

これは、厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している運動で、20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

 

高齢になっても豊かに楽しく過ごしていただくために、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切なことであると考えて、診療所や地域におけるいろいろなお口の健康を保持・増進する活動によって8020運動を推進しています。

 

しっかりと自分の歯が残っていると、硬い食べ物(お肉やおせんべい、とうもろこし、りんご等々)をおもいきり美味しく食べられる。

 

また、入れ歯を使わないもしくは小範囲の入れ歯の為、ストレスが少なかったりもします。

 

その他にも歯はおしゃべりをするときも重要な役割をしています。

 

 

では、なぜ歯を失うのでしょうか?

 

歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。

その次に、虫歯です。

どちらも若いうちからお口を健康に保っていれば、大幅にリスクを下げることができます。

 

生活習慣病と言われる歯周病は、初期を含めると成人の80%以上がかかっています。

 

日頃の仕事の忙しさに任せて、”暴飲暴食”や”不規則な生活”など、日常の生活習慣の乱れが歯周病につながりますので、毎日のチェックが重要です。

 

個々の自覚が大事で、予防はやる気から始まります。歯磨きなど毎日の手入れと併せて、口の中の衛生指導などを行っている歯科医院に定期的に通う習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

そして、「食べた後や寝る前に磨く」といった基本的なことも忘れてはいけませんが、例えば、歯磨きなどの正しい方法や、歯磨きなどと併用すると良いお口の衛生グッズなど、かかりつけの歯科医院に相談してみてください。

 

 

いかがでしょうか。

 

将来の自分の歯を見据えてみてくださいね。

 

「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。