親知らず

 


 

 

 

親知らずとは・・・・・??????

 

親知らずは別名、「智歯」「知恵歯」「第3第臼歯」とよばれ、

歯科用語では「8番」(前から8番目の歯)と呼ばれています。

 

 

 

 

親知らずはいつ頃、生えてくるの??

 

親知らずは、だいたい二十歳ごろに生えてくるといわれています。

親知らずは上下で4本ありますが4人に1人の割合で全く生えてこない人がいたり、

生えても4本すべて生えそろうわけではないようです。

 

 

親知らずとよばれる言語の由来としては、

乳児の歯の生えどきとは異なり、親はこの歯の生え始めを知らない。ということから

親知らずという言葉ができたようです。

英語ではwisdom toothと呼ばれ、物事の分別がつく年頃になってから

生えてくる歯とあることに由来するそうです。

 

 

 

親知らずは正常にまっすぐ生えていればまだしも、

横向きに生えてきて歯茎だけ頭だけだした状態で生えてくることもあります。

そういった状態で生えてくるとやっかいです。

1番奥の歯なので歯ブラシがしっかりと届かず汚れが残り清掃不良で

虫歯になったり、斜めに生えてくることで他の歯を押し、歯並び

影響することもあるようです。

また親知らずが虫歯になると隣の健康な歯までも虫歯になることも

あります。

汚れが残ることで虫歯だけでなく、歯周病原因となったり口臭の原因にもつながる

ようです。

 

 

 

 

親知らずを抜くメリットは???

 

・歯周病のリスクを減らす

・歯並び

・口臭のリスクを少なくできる

などがあるようです。

 

 

他にも顔が小さくなるという説もあります。

親知らずが生える段階で顎の骨が大きくなります。

成長段階で親知らずを抜くことで顎の骨が大きくならず小顔になれると

言われています。

モデルさんはよく親知らずを抜くと聞きますが、そういった理由が

あるのかもしれません。

 

 

 

 

妊婦や出産時の女性は歯を抜くことができません!!

 

女性ホルモンの影響により妊婦や出産時は虫歯歯周病にかかりやすかったり

親知らずに痛みが多いようです。

しかし歯を抜くには抗生物質の服用が必要になり、歯を抜くことが

難しく痛み止めで我慢しないといけないようです。

 

ですので女性は20歳前後で親知らずを抜いておいたほうが

良いと言われています。

 

 

 

 

親知らずを抜く、抜かないに関わらず

まずはしっかりと汚れを落とすことが大切です

 

普通の歯ブラシでは1番奥の親知らずには歯ブラシが届きにくいです。

ですのでヘッドの小さい毛束のつまった『』が親知らずの清掃には

すごくおすすめです。

 

久米歯科でも販売しています!ぜひ愛用してみてください!