虫歯の段階について

虫歯には段階があることをみなさんはご存知ですか?

 

今回は虫歯の段階と段階別の治療法についてお話させていただきます!

 

CO…虫歯になりかけの状態

歯の表面が白く濁っている。

この状態をC0(しーおー)という、虫歯になりかけの状態です。

この状態では痛みを感じることはありませんので、治療法としては進行止めの薬を塗布します。

その後は健診に来ていただき、虫歯が進行していないかどうか、チェックをさせていただきます。

 

C1…エナメル質に穴が開いてしまっている状態

COより進行し、歯のエナメル質と呼ばれる部分に穴が開いてしまっている状態です。

エナメル質で留まっている虫歯なので、痛みはありませんが、冷たいものがしみる可能性があります。

治療法としては、虫歯になってしまった部分を少し削り、プラスチック製の樹脂を詰めることになります。

他に数か所この治療が必要な虫歯がない限りは1回の来院で済む治療になります。

 

C2…象牙質にまで達してしまっている状態

C1よりも進行し、エナメル質の下の象牙質と呼ばれる部分にまで進行してしまった状態です。

この象牙質にまで達してしまうと、食事や冷たいもの、温かいものを飲んだ時に痛みやしみることがあります。

治療法としては、虫歯の部分を削り、詰め物の形取りを行います。

削ったあとは、仮の詰め物をして帰っていただき、次回来院時に詰め物をSetさせていただきます。

Set時に特におおきな問題がなければ、2回の来院で済む治療になります。

 

C3…歯の神経にまで進行している状態

象牙質を超え、歯の神経にまで達してしまっているこの状態だと、激し痛みを伴う場合があります。

ここまで達してしまうと、詰め物ではなく、かぶせ物の治療になってきます。

まず神経を取り除き、神経のあった根っこの部分の消毒に通っていただきます。

歯の根っこが綺麗になれば、神経の代わりになる薬を詰め、かぶせ物の土台を作り、形取りをしていきます。

この治療に関しては、歯の根っこの消毒回数などに個人差があり、根気よく通っていただく必要があります。

 

(C2・C3の詰め物、かぶせ物に関しましては、保険適用のものか、自由診療の物か、どちらかを選んでいただけるようになっております。

治療が始まる段階で、詰め物かぶせ物の種類についてお話をさせていただくお時間をいただいております。)

 

C4…歯の根っこだけが残っている状態。

根っこしか残っておらず、神経がもうすでに死んでいるので痛みはなくなっている状態です。

歯の根っこの周囲に膿が溜まり、口臭がひどくなることがあります。

まずは残っている歯の根っこをまず抜き、消毒を行います。

その後の治療としては、入れ歯・ブリッジ・インプラントになります。

どの治療法にするかは院長とよく相談をしてからになります。

 

一言で「虫歯」といっても、こんな段階があるのだと知っていただけましたでしょうか?

 

久米歯科クリニックでは、4ヵ月・5ヵ月に1回の定期検診を行わせていただいております。

健診に通っていただくことで、虫歯の早期発見・早期治療につながればと思っておりますので、「健診だから1回ぐらい抜けてもいいや」と思わずに、通っていただけると幸いです。