6歳臼歯って聞かれたことございますか

6歳臼歯って何?

保育園でも先生から歯のお話しがあるみたいで大人の歯が生えているか友達同時で口の中を見せ合いっこしながら歯についての時間を取ってくださっていたみたいです。

 

6歳臼歯とは6歳前後に奥から生えてくる永久歯で第一大臼歯のことです。

6歳臼歯は永久歯の中で1番か2番目に生えてくる歯で最も大きな歯でもあります。

6歳臼歯は乳歯と生え変わるのではなく一番奥の歯茎を突き破って生えてくる歯です。

永久歯のかみ合わせの基準となる歯です。

 

6歳臼歯は乳歯の奥から生え歯茎から完全に出てくるのに時間がかかり歯の溝が深いため最も虫歯になりやすい歯です。

生えた永久歯は柔らかく生えて来る途中で虫歯になってしまうこともあります。

★乳歯の時から虫歯ができない環境作りをして6歳臼歯を迎えてあげる必要があります

虫歯は歯磨きだけで防げるものではありません。

両親から虫歯菌を感染させないことやフッ素やデンタルフロスの使用によって乳歯の時から虫歯を一本も作らないことが必要です。

乳歯は生え変わるからといって歯磨きをサボっていると・・・

歯磨きの習慣が身につかず永久歯が生えてきてもすぐには歯磨きができる子にならないので乳歯のうちから歯磨きの習慣を身につけておきましょう♪

虫歯ができてしまった場合はお母様の判断で放置せずすぐに歯医者で治療が必要なのか確認してもらいましょう。

<6歳臼歯を虫歯にさせないためには>

★プラウトの活用

6歳臼歯は乳歯の奥から生えてくるためとても磨きにくい位置にあります。

大きな歯ブラシで磨くと頬に当たってしまったり子供が舌を出したりして仕上げ磨きができないこともあります。

プラウトという毛先が細い歯ブラシで磨いてあげると6歳臼歯の溝の中まで磨くことができ虫歯を予防できます。

★フッ素塗布で歯を強化する

生えたての6歳臼歯は大人に比べて柔らかく虫歯になりやすい歯です。

唾液の中のミネラルやフッ素を多く取り込むことによって硬い歯になっていきます。

生えたての永久歯はフッ素を取り込む力が大きいためフッ素の効果がより現れる時期でもあります。

永久歯の生えたての時期は特に自宅でのフッ素洗口またはジェルタイプを使用し歯医者でのフッ素塗布を定期的に行うようにしてください。

★シーラントで予防する

6歳臼歯は他の歯に比べて歯の溝が多く深くできています。

歯磨きでは溝の中まで届かないために溝が黒くなったり初期の虫歯が起こりやすくなります。

シーラントは6歳臼歯の深い溝をコーティングすることによって歯磨きがしやすくなり虫歯予防が効果的になります。

 

★デンタルフロスは9割の虫歯を予防する

虫歯の9割は歯と歯の間からできます。

特に6歳臼歯とその手前の乳歯の間は虫歯ができやすい部分で乳歯が抜けた際6歳臼歯の手前の間が虫歯になっていることが多いのです。

デンタルフロスは虫歯予防には絶対欠かせないものです。

 

ぜひお子様の歯磨きの際には6歳臼歯が生えてきているか確認してみてくださいね♥

清掃用具でわからないことがあればお気軽にスタッフまでお声かけください。

→岸和田久米歯科の小児歯科治療について