☆☆ポスカとキシリトールガムとの違い☆☆

🎍あけましておめでとうございます!!🎍

2017年がやって参りました(^^)/

皆様、おいしいおせちやお雑煮、たくさんたべましたか??!!

ついつい食べ過ぎてしまいがちですが、たまにはいいですよね(^^♪

今年も久米歯科クリニックをどうぞよろしくお願いいたいします。

000

 

□市販のキシリトールと歯科医院のキシリトールの違い

歯に良いお菓子として当院がおすすめしているものでキシリトールガムキシリトールタブレットがあります。

キシリトールガムに関しては最近ではスーパーやコンビニなどでも手軽に売られていますね。

ここで注目していただきたいのが、歯科医院で販売しているものと、スーパーで販売しているものには違いがあるというこです。

それは、キシリトールの量です。

歯科医院の場合はキシリトール配合が100%のものがほとんどです。

しかし、市販のものはキシリトールは配合されていますがそれ以外にも糖質がはいっていたりするため要注意です

□キシリトールとは?ポスカガムとは?

キシリトールは歯垢(プラーク)を減らし 虫歯菌の働きを弱め 歯のエナメル質を再生します。

 また、歯垢(プラーク)の中にカルシウムを取り入れる働きもあるので 歯の再石灰化も促進されると考えられています。

その効果にプラス!!

虫歯予防だけでなく初期の虫歯を修復する機能をもつガムが ポスカ(ガム)なのです!!

歯科専用のポスカは さらにフッ素も配合しています。

 

ha2

□ポスカのすごい所!!

食べ物を食べててお口の中が酸性になると歯からカルシウムが徐々に失われます。

それが続くと初期むし歯になります。

歯の失ったカルシウムは だ液に溶けているカルシウムからしか 補給できません。

ご飯やお菓子を食べてお口の中が酸性化すると歯からカルシウムが徐々に失われていきます。 

しかし!!

ポスカは酸性になったお口をすばやく中性に近づけ

カルシウムがとけるの防ぐのです。

 

ポスカはだ液に溶けやすいので歯に効率的にカルシウムを届けます。

 

初期むし歯は 歯のエナメル質から細かな結晶が 失われている状態です。 

 

□ポスカのおススメの食べ方

朝昼晩それぞれ2粒20分以上よく噛むのがいいといわれています。

キシリトールガムと違って味がとても長続きするので20分間は唾液がしっかり出ます。

ポスカは本当に味が長持ちです 。

きちんと歯みがきをして そのあとにポスカのガムを噛むととってもいいです。

ぜひ、実践してみてください♪