☆☆歯周病と糖尿病との関係☆☆

皆様がよく耳にする歯周病!!

30歳以上の8割が歯周病になっているといわれております。

これまで、この歯周病はお口の中の病気と考えられてきました。

 

しかし、歯周病が私たちの体、全身にもらたらす影響があるということが最近、分かってきました。

特に、糖尿病(高血圧)歯周病の間の関連性も今、注目されているそうです!!

000

●糖尿病の人は、歯周病にかかりやすく重症化しやすい

糖尿病が進行し、高血糖状態が続くと、

体の中の防御反応が低下して

感染病にかかりやすくなります。

現在、成人の約8割が発症しているといわれている歯周病。

この歯周病も感染原因を原因とする感染病の一つです。

そのため、糖尿病のひとは、健康な人と比べて歯周病にかかる確率

2倍以上 高く

重症化しやすいといわれています。

yaji         yaji

●歯周病が悪化すると糖尿病も悪化する

歯周病が進行すると、歯周病菌から出される内毒素が歯肉から血管に入りこみ

TNF-α(腫瘍壊死因子)

という物質が分泌されます。そのため、インスリンの動きが低下するため、

血糖値が上昇してしまい、糖尿病の悪化へとつながります。

 

また、糖尿病の方が重度の歯周病になった場合、軽度の歯周病に比べて2年後に糖尿病が

悪化している確率が5倍高くなるといわれています。

特に注意が必要です。

 

sisyu5

 

●歯周病の原因となる歯周病菌が増える原因

Ⅰ)歯と歯の間のプラーク(歯垢)が落とせていない

プラーク(歯垢)が積み重なった部分は酸素がなくなり、歯周病菌が繁殖しやすい

環境になります。

ですので歯と歯の間はプラーク(歯垢)が溜まりやすく、

毎日デンタルフロスを使わないと歯周病菌が増えてしまいます。

 

Ⅱ)歯周ポケットが深い

歯周ポケットは深くなると酸素が届かなくなり、歯周病菌が好む環境になります。

3mm以内の歯周ポケットであれば、歯ブラシやデンタルフロスで空気を送り込むように磨くと

歯周病菌の活動が弱くなります。

 

Ⅲ)体の抵抗力が下がっている

歯周病菌の侵入を防いでいる歯茎は、体の抵抗力が下がると弱くなり、

歯周病菌が血液に侵入しやすくなります。敵が弱った歯周病菌は増殖し、攻撃してきます。

 

Ⅳ)たばこを吸っている

タバコのニコチンは歯茎の毛細血管を収縮し、歯茎の抵抗力を弱くします。

また、歯茎を繊維化させるためプラーク(歯垢)が溜まりやすくなり、

歯周病菌を増殖させます。

 

周病菌は汚れや歯石が多くついていると、歯茎が腫れ、

血液から体の中に感染しやすくなります。お口の中の健康は体の中の健康と直結しているのです。

歯周病と思われる方、また、糖尿病の症状がある方、

ぜひ、当院での定期的なメンテナンスにお越しくださいませ。