フロスを使うべき理由!

 

 

みなさん普段の歯磨きのとき、歯と歯の間のお掃除ってしていますか?

 

フロス使っている!

という方もいれば、

歯間ブラシをしています!

という方もいらっしゃると思います。

 

 

いかに歯と歯の間のお掃除が大切かを今回はご紹介します。

 

・デンタルフロス・・・

デンタルフロスは、絹糸や合成繊維などの繊維を用いた歯間の歯垢や食片を除去し清掃するための細い糸のことです。主に歯と歯の間の汚れを取るのが目的。糸状で細いので歯と歯のスキマがない人向け。

歯ブラシでは届かない歯間の側面や歯間下の歯ぐきに付いた歯垢を除去し、歯周病や虫歯を予防する目的で使われます。

 

 

・歯間ブラシ…

主に歯と歯茎(歯肉)の間の汚れを取るのが目的。デンタルフロスより太いので、歯と歯のスキマが大きめの人向け。

 

ただ単純に歯ブラシでブラッシングするだけでは、歯垢の50%~70%程度までしか除去できないといわれているが、

 

デンタルフロスを使うことで、90%程度まで歯垢の除去率を高めることができるため、虫歯・歯周病をはじめとする口内疾病を防ぐ効果があるとされています!

 

デンタルフロスを用いた歯の清掃を「フロッシング」と言い、歯ブラシを使った後、フロッシングも合わせて予防効果を高める。欧米ではフロッシングは一般的な習慣となっている。←多くの子供も使っている

 

 

歯間ブラシもやってみるぞ!

という方・・・デンタルフロスの前に歯間ブラシを購入して試してみたが、ブラシが歯の間に入らず、あえなく断念した。

なので、あまり歯に隙間がないと思える人は、まずはデンタルフロスを試してみることをおすすめします。

 

 

歯ブラシだけでどんなに歯磨きを頑張っても歯垢をすべて除去するのはやはり難しいです。

 

なので、こういった歯間クリーナー(デンタルフロスや歯間ブラシ)を併用してやることで虫歯になる確率をぐんと下げることができます。

 

 

そして口臭の元になる臭いの除去も望ましいです。

できれば毎日。もしくは定期的にデンタルフロスでお手入れして頂くことをお勧めします。

 

 

 

ここで当医院がオススメするフロスをご紹介いたします。

 

 

『 フロアフロス 』

 

「フロアフロス」は繊維がフワッと広がるため、歯肉を傷つけることなくプラークを確実に除去できます。

歯肉縁下(歯茎の中の部分)の細菌を残らずからめ取る!

 

歯肉縁下には、歯ブラシや歯間ブラシでは落としきれないプラーク(細菌)がたっぷり。 フロアフロスは384本もの細かな繊維でできているので、それらを残らずからめ取ることができます。

 

 

歯肉縁下に入れても痛みがない

 

歯肉はやわらかくデリケートな場所だけど、

フロアフロスなら、だ液の水分や摩擦によって繊維がフワッと広がるため、歯肉縁下に入れても痛みを与えません。

 

 

ちなみに “Made in Italy” です。

 

 

フロアフロスの工場があるのは、繊維の町・ミラノ!
 

使い方は、固定するためにフロスを中指に巻き付け、

人差し指と親指でフロスをつまむように操作します。

 

 

詳しい使い方は実際に医院でいつでもお伝えするのでお声かけ下さい。

 

 

いかがでしょうか(^_-)-

 

いつまでも健康なお口いられるよう、是非今日からフロス、始めてみましょう!!

 

Let‘s Try!!!!