ホワイトニング

 

ホワイトニングはご存じですか??

 

ホワイトニングとは・・・・。

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術です。

歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げて歯自体を白くしていくものです。

それまでは歯を削ってセラミックを被せることでしか白くすることができなかったのが、歯の表面を削ったり傷つけたりすることなく、

自分の歯を残して白くすることができるようになりました。

以前はホワイトニングのことを色素を抜くことからブリーチングと呼んでいましたが、

ブリーチというと強力な薬品を使って髪の毛や衣類を漂白することを連想させるので、

アメリカのメーカーの発案でホワイトニングという言葉が使用されるようになり、現在ではこれが定着しています。

 

 

ホワイトニングには大きくわけて、二種類あります。

一つは、歯科医院で行うオフィスホワイトニング

二つ目は自宅で行うホームホワイトニングがあります。

 

オフィスホワイトニングは歯の表面の汚れを落とした後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。

これにハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解していきます。

一方、

ホームホワイトニングは、マウスピースを作って、数時間その中にホワイトニング剤を入れて白くします。

ホワイトニングの効果は個人個人によってかなりの差があります。

元々歯の色が濃い人、子供のときに飲んだ風邪薬が原因で歯の色が濃くなってしまった人は

ホワイトニングの効果は低くなりますし、着色性食品を好む人はホワイトニング後の再着色が早く起こります。

 

 

なぜ歯を白くできるのでしょうか??!

 

ホワイトニングに使用する過酸化水素は、分解するときにフリーラジカルが発生します。

このフリーラジカルが、歯の着色有機質に含まれている二重結合部分を切断します。

これによって着色有機質は分子が小さくなり、色がなくなってきます。

この無色化により、歯の明るさを上げて白くする方法です。歯の明るさを上げて白くするため、

かなり白くしても、自然な感じで白くなります。ホワイトニングは物質を溶かすわけではなく、

色が変わるだけですので、歯自体を溶かしたり、傷つけることはありません。

オフィスホワイトニングでは、この反応を促進させるために、光やレーザー、プラズマなどを当てます。

また最近では触媒として二酸化チタンや窒素などを配合して、反応を促進しています。

 

このような方法で歯を白くすることができます。

 

ニコっと笑ったときに白い歯のほうが印象がいいですよね!!!!

皆さんも白く美しい歯を目指しましょう!

 

 

久米歯科クリニックでもホワイトニング行っております。

 

 

ぜひお越しください!!