妊娠したら歯の治療はできないの?

妊娠中に歯や歯ぐきが痛くなったら大変ですね。
お腹の赤ちゃんへの影響が心配だし、そうは言っても母親の身体も心配だし・・・。

歯科治療で 胎児に影響を与える可能性が考えられるのは、
X線撮影による放射線被爆や、使用薬剤の胎児に及ぼす影響
そして 歯科治療そのものによるストレスなどです。

しかしそれらすべてを避けなければいけないとというものでもありません。

X線撮影は 一般に胎児の感受性が高い妊娠初期3ヶ月は できれば避けたほうが良いと思われます。
ただ 歯科治療は的確な診断をするため どうしてもX線撮影が必要な場合が多くあります。
そのような場合でも 鉛エプロンを着て必要最小限の撮影をすることで
胎児への影響を及ぼさないようにすることが可能です。

そうは言ってもこの時期は ごく初期の虫歯は応急処置にとどめることも多いものです。
衛生士による専門的な口腔清掃や、予防処置を受けて、十分に口腔管理を続ければ
出産後に自分の体調が落ち着いてから治療するのがいいと思います。

しかし 進行した虫歯や歯周病は、妊娠中に痛みなどをよく起こし、
それが妊婦のストレスを増加させかねません。
また 歯周病による早産のリスクや、低体重児との関連性もわかってきています。
ですから 時によっては 胎児と母体が安定した時期を選び、
治療時間を短縮したり、麻痺などの薬剤の使用を出来るだけ少なくして
治療を進めることも大切と思います。
産婦人科医との連携が必要な場合も多いものです。
一般的には妊娠4ヶ月~7ヶ月が 通常治療に適した時期です。

出産後 授乳中に薬剤の服用が必要な時もあります。
「抗生物質を飲んでいるので母乳をあげないようにしています。」とか
「母乳をあげているので 薬をもらったけど服用しなかったです。」ということを話されるお母さんもおられます。

確かに服用した薬の1~2%が母乳に移行するそうですが
それらがすべて害になるわけではありません。
抗ガン剤やホルモン剤などは避けたほうがいいですが、なるべく胎児への影響の少ない薬を選ぶので
心配いりません。
授乳直後に薬を服用するのがいいと思います。

何にしろ、いろいろな影響を心配して考えすぎることで起きる精神的な不安、ストレスが一番胎児に良くないと思います。