乳歯・永久歯って何本あるの??

☆乳歯はいったい何本あるの??

皆さま、乳歯は何本あるかご存知ですか?

赤ちゃんの歯は、だいたい早い子で5.6カ月から乳歯が生え初め、3歳ごろまでに生えそろいます。

乳歯は全部で20本あります。

 

乳歯は、永久歯(大人の歯)に比べると、表面のエナメル質(歯の白い表面の部分)が弱く、

虫歯進行も早いので気を付けなければなりません。

しっかり予防することが大切になってきます。

また、永久歯に生え変わるからといって、乳歯の虫歯を放っておくと、乳歯の下からはえてくる永久歯にも

とても悪い影響をあたえることになるのです。

syo3

 

 

☆永久歯は全部で何本あるの??

では、永久歯は何本あるかご存知ですか??

永久歯は全部で28本(親知らずを入れると32本)あります。

だいたい、6歳頃から生え始め、12歳頃までに生え揃います。

 

よく、8020(ハチマルニイマル)と聞くことあると思いますが、

これは、80歳で20本歯があれば、困ることなく自分の歯で食事ができるというものです。

 

永久歯が28本もあると聞くとまだまだ大丈夫~と思う方もいるかとおもいますが、

虫歯で歯を1本を失ったり、歯周病で、歯が1本なくなったり・・・・と歯がなくなると、

噛む力が弱まりますし、開いたスペースに向かってほかの歯が動いて噛みあわせがおかしくなったりもします。

「1本くらい」が次々とトラブルを招き、入れ歯になってしまうことにも。

 

dh5

☆虫歯や歯周病にならないために!

虫歯や、歯周病にならないためには、今、この時からしっかりと歯のお手入れをしていただきたいです。

歯周病も30歳で8割の方がなっているといわれています。

そして、お手入れをしている人としていない人とでは、将来残っている歯に10本の違いがでるそうです。

 

☆☆☆生涯、自分の歯でおいしいご飯が食べれるよう

今こそ、ご自分の歯に目をむけてみませんか☆☆☆