歯の生え変わりについて

今回は歯の生え変わりについて、よくある質問などを紹介いたします。

① 乳歯が抜けていないのに、永久歯が生えてきている!

乳歯が抜けていないのに永久歯が出てきたら驚きますよね。

特に下の歯の前歯に起こりやすく、乳歯が抜ければ裏側から前に移動します。

乳歯が揺れているのであればそのまま経過を見ます。

慌てずに、ゆっくり抜けるのを待ってあげる。

食事の際、噛んだとき痛みなどがひどい場合は、歯科医院に相談して

乳歯を抜く必要があれば、抜歯をおこないます。

② 乳歯が揺れているがなかなか抜けずに残っている

奥歯に起こりやすく、乳歯の根は2本あり、永久歯が斜めに生えてくると

片方の根が溶けずに残ってしまい揺れはしても、なかなか抜けないことがあります。

待ってもなかなか抜けない場合は、一度歯科医院に相談してみてください。

乳歯が抜ければ永久歯は正しい位置に移動することが多いです。

③ 乳歯が抜けても永久歯が生えてこない

乳歯が抜けて、3カ月経つが永久歯がなかなか生えてこない。と心配になる方がよくいらっしゃいます。

そのまま経過を観察します。特に上の前歯は乳歯が抜けても永久歯がなかなか生えてこないことが多いです。

半年経ってもまだ生えない、遅いなといった場合は

歯科医院でレントゲンを撮って歯茎の中に永久歯があるか、過剰歯などの異常がないか確認します。

その後はもう少し経過を観察します。

④ 乳歯がいつまでも生え変わらない歯がある

乳歯の下に永久歯がない先天性欠如の方がいます。その場合は乳歯をそのまま使い続けるか、歯列矯正で乳歯を抜いて永久歯を寄せてきます。

⑤ 永久歯が生えてきたが、歯並び・生え方が気になる

歯が生えてくる場所が狭いと、永久歯が定位置に生えてこない場合があります。

これを未然に防ぐ方法は、顎(あご)の成長を促してあげる。

小さな顎だと将来歯並びが悪くなったりするので、
永久歯がしっかり生えてくるように、小さい頃から食事はしっかり噛んで
やわらかい食べ物ばかりでなく、噛む回数が多くなる食べ物をとるようにする。
(食物繊維が多いもの、野菜やお肉、するめ、いりこ、おやつ昆布…など)

いかがでしょうか?
あてはまるものがあったかもしれないですが、

他のことでも歯の生え変わりについて気になることがあれば

歯科医院に相談してみてください。

★まとめ
歯の生え変わりには個人差があります

永久歯の交換が始まる時期は6歳前後ですが、子供によって早い人もいれば遅い人もいます。

下の歯の前歯から始まります。下の歯は前歯から順番に進み最後に乳歯の奥歯が生え変わり、上の歯は前歯から生え変わり最後は犬歯が生え変わります。

およそ12歳くらいまでに完了します。

生え変わりは個人差が大きく5歳くらいから始まる人もいれば14歳になっても乳歯が残っている人もいますので、人それぞれスピードが違うので、安心してください。