フッ素について

 

 

虫歯予防といえば、「フッ素が有効である」と聞いたことがあるか思います。
子供の虫歯予防のためのフッ素塗布を町の歯医者さんも推奨していますし、たいていの歯磨き粉にもフッ素は入っています。
いまやフッ素は虫歯予防に効果的だというのは常識になりつつあります。

 

 

フッ素の良いところは??

歯の表面にフッ素を塗ると・・・・。

歯質強化
歯の表面を構成するハイドロキシアパタイトから歯を溶かす酸に強いフルオロアパタイトを作りエナメル質をかたく丈夫にする。

再石灰化
フッ素は唾液中のカルシウムイオンやリン酸イオンと共に虫歯菌の出す酸で溶けかかった歯(脱灰)の表面に沈着します。
それによって歯の表面を修復する。

虫歯菌のはたらきを抑制
虫歯菌の栄養となる糖の取り込みをじゃまして、菌が歯にくっつき易くするための”ネバネバ”な物質を作るのを抑える。

と言った効果があります。

子供へのフッ素効果
生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は歯の質が弱く歯虫になりやすいため

フッ素を塗ると虫歯予防効果を大きく期待できるとされています。

 

大人へのフッ素効果
歯周病や部分入れ歯の使用によって、顎の骨や歯茎が痩せて(吸収して)しまい、
普段なら歯茎で覆われているはずの歯の内部のセメント質や象牙質が露出してくることがあります。
セメント質や象牙質はエナメル質(歯茎から上の歯の表面部分)よりも弱く虫歯になりやすいため、
歯ぐきが露出してしまった場合には、フッ素を塗ることで虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。
ですので、フッ素は子供にも大人にも効果があります。

 

歯科医院でうけるフッ素とお家でのフッ素の違いは??
これら2つの違いは、フッ素の濃度にあり、期待できる効果も少し異なります。
歯科医院などの医療機関で使用する高濃度のフッ素は、歯質の強化を特に期待することができます。
一方で、薬局やスーパーなどで販売されているフッ素配合の歯磨き剤などに含まれる低濃度のフッ素は、
使い続けることで再石灰化の促進や酸を作る力を抑えることを期待することができます。
これらを併せて行うことで、虫歯予防の効果がより高まります。

 

定期的に歯科医院へ行き健康で強い歯を目指しましょう!!!