歯垢と歯石の違いって??

みなさん、歯垢歯石ってどんなものかご存知でしょうか??

 

 

簡単に言うと、上手に歯磨きすれば取り除けるのが歯垢で、歯磨きだけでは取り除けないのが歯石です。

 

歯垢(歯の汚れ)とは、プラークとも呼ばれ細菌のかたまりなのです。

 

実はこの歯垢が虫歯や周病だけではなく、心筋梗塞や糖尿病など命に関わる病気の原因になることもあるのです。

 

 

歯石とは歯垢が固くなったものです。

 

歯磨きで磨き残した歯垢が、唾液の中のミネラルと結合して、硬くなり石のようになります。

 

歯についた歯垢は、たった2日間で徐々に歯石になり始めます。

 

歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間にできた、それこそ石のように硬くなった歯石は、歯磨きだけでは取り除くことができません。

 

このような歯石があると、歯石の表面は歯の表面よりもザラザラしているので、歯垢がさらにつきやすくなってしまいます。

 

すると、むし歯や歯周病といったさまざまな疾患へのリスクが高くなってしまいます。

 

 

 

では、どのようにして歯垢や歯石を付かないようにすればよいのでしょうか?

 

それは、まず、歯垢の段階でできるだけ除去するということです。

 

歯石になってしまうと歯科医院での専門的な器具を使わなければ除去できませんが、歯垢の段階ならお家での歯磨きなどのセルフケアによって除去することができます。

 

お家でのセルフケアで一番大切なのは歯磨き!!

歯磨きは1日の中で、朝起きてから、昼食後、夕食後、就寝前など、人によって回数は違いますが、少なくとも必ず1日に一度は歯磨きをしますよね??

 

その歯磨きの質を上げることにより、歯垢の除去率もアップし、歯石になってしまうのも少なくてすみます。

 

 

 

では、歯磨きの質を上げるとは、いったいどうすればよいのでしょうか??

 

 

当院ではV7という、歯ブラシを使用しております。

 

このV7とは、通常の歯ブラシに比べ、少し毛が長めになっており、毛の方向がVの字のようになるように作られています。

 

この毛がVの字や、少し長めに作られていることにより、歯と歯の間に毛が入ることができ歯垢を除去するとともに、歯ぐきのマッサージも同時に行うことができます。

 

このV7による歯磨きを行っていただき、さらに歯磨きの質を上げるために当院でもおすすめしているのが、プラウトを使用していただくことです!!

 

このプラウトは毛束が一本になっていて、V7よりもコンパクトなので歯の隅々まで歯垢を落とすことができます。

 

V7で普段のお口のお掃除をしてもらい、プラウトを1日に一度使用してお口の大掃除をしていただく感じです♪

 

このプラウトを使った後、舌で歯を触ってみると、すっごくつるつるして癖になってしまいます!

 

ぜひ、みなさんもこのV7プラウトを使って、歯がつるつるするのを実感してみては??