妊娠すると母親の歯や歯ぐきは悪くなるの?

お母さんのカルシウムを赤ちゃんがとる?
よく母親が 妊娠してから歯や歯ぐきがガタガタになったと言って 治療にこられます。
その時よく聞くのが 「お腹の赤ちゃんにカルシウムを全部とられて虫歯がいっぱい出来た」という言葉です。
本当にそうなのでしょうか?実はこの理由に科学的な裏ずけはないのです。

胎児は必要なカルシウム分をお母さんの血液から吸収しています
でも、この母親の血中カルシウムは、母親の骨が代謝することで供給され、維持しているのです。
実際歯はほとんど代謝していません。 つまり、お母さんの歯のカルシウムは溶け出していないのです。

では なぜ昔からそう言われるのでしょうか。
おそらく 妊娠中に歯や歯ぐきを悪くする人が多く その原因を赤ちゃんのせいにすることで納得していたのではないでしょうか。

妊娠中に虫歯や歯周病になりやすいのは?
直接的ではありませんが 妊娠中や出産後に虫歯になったり歯周病が悪化する要因もあると思われます。

妊娠中には女性ホルモンのエストロゲンとプロゲストロンの分泌が増大します。
このホルモンは唾液に影響をあたえて、分泌量が減ったり、酸性に傾いたりして虫歯になりやすくなります
また、このホルモンは歯周組織にも影響を与え、歯周病が悪化したり、歯肉に良性の腫瘍 妊娠性エプーリスができたりします。

つわりや 妊娠によるストレスから精神的に不安定になり口の中のお手入れまでする意欲が減少します。
つわりで口腔清掃が十分出来なかったり、好みや食習慣が変化し、甘いものを多く食べたりすることも
虫歯の発生とつながっていると言われています。

妊娠中にはどうしたらいいの?
理想をいえば妊娠する前に虫歯や歯周病の治療を済ませ、普段の口腔管理をしっかりして
健康な状態で妊娠するのがベストです。
なぜなら妊娠してもしなくても口腔管理は変わりないからです。
ただ 妊娠によって口腔内が影響を受けることを考えると、 つわりで歯磨きが苦しい時は
洗口剤ウォ-ターピックで水洗することもいいと思います。

お腹の赤ちゃんの歯を強くするためには牛乳をたくさん飲んだほうがいいという誤った考えを
お母さんが持っているときもあります。
胎児は本来必要な量しか栄養を吸収しません。
「歯のために」とあまり神経質にならずに 母体と胎児のためにバランスの良い食事を考えてほしいと思います。

自分で口腔ケアが大変な時は、ぜひプロフェショナルなケアである
歯科衛生士のお手入れを受けられることをお薦めします。