虫歯を予防のシーラントをしよう!

子供の永久歯は出来れば虫歯にしたくないですよね。

 

特に生えたての永久歯は注意していても虫歯になりやすいものです。

 

その生えたての永久歯を虫歯から守ってくれるのがシーラントというものです。

 

シーラントは歯を削らずに歯の溝をコーティングするものです。

 

とても予防効果が高いものなので、お子さんにはぜひシーラントをやってあげたいものです。

 

 

☆シーラント

 

虫歯予防が期待できるシーラント。シーラントとは、奥歯の噛む面の溝の部分にプラスチックを埋め込んでその溝から出来る虫歯を予防する方法です。

 

シーラントは、保険治療で行えることがほとんどです。

 

シーラントは、形が複雑だったり溝が深い奥歯の溝に行う処置です。

それでは、どのような歯に行うのが良いのでしょうか?

 

特に6歳頃になると生えてくる前から6番目の歯は重要です。

 

6歳臼歯(ろくさいきゅうし)と呼ばれ歯が生えてくる途中にも虫歯になりやすい歯です。

 

また、生えたばかりの頃は歯の表面は未熟で柔らかく形も複雑で虫歯になりやすいので永久歯が生えてから早めの処置をオススメします。

 

☆方法

①ブラシが回転する機械で歯の表面の汚れを取り除いてキレイにします。

 

②シーラントを塗る時にだ液などの水分が入ってしまうとシーラントが取れやすくなってしまいます。そうならない為に歯面を乾燥させ、シーラントがくっつきやすいように歯面処理をする。

 

③歯の溝にシーラントを埋める。光をあてて固める。

 

歯を削ったりなどは一切しません。

 

☆シーラントは歯の溝に薄く伸ばしています。

なので物をあまり強く噛んだり歯ぎしりを行ったり、

年月が経つと取れてしまうことがあります。

その場合は、シーラントをまた行えば良いので心配はありせん。

 

☆虫歯になっている歯はシーラントできません

虫歯になりぽっかり穴が空いてしまっている歯には、シーラントが出来ません。

 

シーラントは、歯の溝からの虫歯予防効果があります。

 

特に生えたての永久歯には、行っておきたい処置です。

 

これから一生使っていく歯だからこそ虫歯になる可能性を少しでも減らしてあげたいものです。

 

最近のシーラントには、歯の再石灰化を促すフッ素が配合されていてみなさんが、

 

シーラントをすることによってフッ素の効果をお口の中に長くもたせることが出来るのです。

 

虫歯を大幅に減らすことができるシーラントはすごくおすすめです。