知覚過敏ってどう対処するの?

歯がしみる!痛い!!
と感じる時、歯自体に起因する痛みは、「神経の痛み」と「象牙質の痛み」
があります。
一般的にはまず、むし歯の診査をします。
視診、触診、打診、X線写真診査、などで診断し、深いむし歯があれば、神経の痛みと診断されます。
むし歯がない場合には???

歯周病による象牙質の痛み、知覚過敏症を疑います。

また、知覚過敏には噛み合わせも関係してきます。噛み合わせによって擦り減る咬耗、寝ている間の歯ぎしりなどでエナメル質がなくなり中の象牙質が露出してしみることもあります。

では、どうして象牙質が露出するとしみるのでしょうか?

歯はエナメル質という硬い組織に覆われ、温度、摩擦、浸透圧、などによる刺激から象牙質や神経を守ってくれています。
歯周病で歯茎が痩せて歯の根っこが露出すると正面はエナメル質に覆われていない状態なので、刺激を受けるとしみるのです。

どうすれば、知覚過敏を予防できるのでしょうか?

歯科でのPMTCクリーニングを受けて歯石や歯垢を除去すること。プラークコントロールとして歯科衛生士から適切なブラッシング方法や圧を教わること。
歯磨剤の種類と、使用量についても確認してもらいましょう。
中には、研磨剤無配合の歯磨剤もあります。

 

 

では、知覚過敏の症状が出てしまった時の対処方法は???

しみる症状を軽減してくれるのが、硝酸カリウムや、乳酸アルミ二ウムなどが良いといわれています。システマのセンシティブという歯磨剤が効果的です

歯磨剤を使用しても症状が治まらない場合は、しみている根面の露出部位にセメントでカバーをして刺激をシャットダウンする方法も有効です。

それでもしみがひどくなったり治まらす、生活にも支障をきたすようになってくると息を吸っただけでも激痛の痛みが起こってきます。
最終手段として、神経を抜くという処置がありますが、神経を抜くと歯の寿命も短くなってしまいますので、出来るだけ避けたい処置ではあります。

 

 

これから、夏場になるにつれて、冷たいアイスなど冷たい食べ物や飲み物を飲むことも多くなってきますが、その時にしみる症状が出てきたら早めに歯科を受診してみて下さい。

また、今まで歯周病が原因で知覚過敏を経験された事がある方は、それとうまく付き合っていく方法を自ら習得されて、予防的に知覚過敏用の歯磨剤を使ったり、
クリーニングには定期的に受けられている方もたくさんいらっしゃいます。

是非、むし歯でもないのに、神経を抜いてしまうようなことがないように正しい診断を予防方法を教わり実践していきましょう