歯周病について??

こんばんわ。

岸和田久米歯科クリニックの歯科衛生士です。

今日も多くの患者様にご来院頂きました。

「歯石ってどうして付くの?」「自分では取れないものなの?」

よく聞かれる質問です。

sisyu3

 

歯磨きの時に血がにじんだり、歯茎が下がってくると、

「もしかして自分は歯周病や歯槽膿漏かも・・・」とお悩みになる方も多いのではないでしょうか。

歯周病は歯の周りの骨が溶けていく病気です。

今回は歯周病についてご説明します。

 

歯周病は治りますか?

全ては治せません。

 

治療に使用する器具は1つ1つ全て滅菌パックに入れ完全滅菌しています。

歯周病の進行がそれほど進んでいなければ、

骨を再生させることによって歯周病を治すことができます。

ですが重度に進行した歯周病は治すことができないため、

そのままの状態で維持するか、自然に抜けるのを待つか、抜歯をする・・・必要があります。

少しでも抜歯を避けたいところです。

 

歯周病と歯肉炎ってどう違うんですか?

歯肉炎とは・・・歯茎の中の骨は溶けていないが、歯茎だけが腫れている、炎症がある状態のことをいいます。10代のうちは体の抵抗力が強いため、歯を支えている骨までは溶け出さずに、

歯茎だけが腫れていることが多いんです。

そのため歯茎だけに病気がある状態の事を歯肉炎といいます。

 

どうして歯周病になるんですか?

歯周病は歯の周りにある歯周ポケットという隙間に細菌が感染して起こります。

歯周ポケットが徐々に深くなって、歯ブラシやフロスで細菌を取れなくなってくると、

細菌が出す毒素がその周りにある歯を支えている骨を溶かしていくのです。

 

歯石を取れば歯周病にはなりませんか?

歯石を取っただけではまた歯周病になってしまいます。

歯石は歯周病菌の溜まり場にはなりますが、直接の原因ではないのです。

80%は毎日の歯磨きやフロスの使用でしっかり汚れを落とすことなんです。

定期的な歯石取りは歯周病菌を減らす、効果的な方法です。

歯周病は歯磨きの仕方や歯石、歯並び、噛み合わせなど多くの原因が

絡み合って起こる病気です。

また、進行してから回復させることは難しい病気でもありますので、

気になる症状がなくてもしっかり健診を受けて頂きたいものです。

ku

定期的にクリーニングをし、歯周病の前兆を見逃さないようにすることが大切です。

歯石はどれくらいの期間で取るのがよいのでしょう?

3ケ月に一度定期健診を受け歯石を取るのがよい!!

短い期間で定期健診で歯石を取っている人はすぐに一度ですべての歯石をとる事ができます。

プラークも少なく、歯ぐきからの出血も少ないため、歯石も柔らかくすぐに取ることができます。

ぜひ一度ご相談ください。

iin17