『親知らずって抜いたほうがいいの?』

 

親知らずがある人は一度は考えたことがある問題だと思います。

 

親知らずとは、大臼歯〈永久歯の奥歯〉の中で一番奥にある歯で、正式名称は第三大臼歯、または智歯といいます。

親知らずは一番前の歯から数えて8番目にあり、永久歯の中で一番最後に成長します。

生えてくる時期は10代後半から20代前半であり、親の知らぬ間に生えてくる歯であることから『親知らず』と呼ばれるようになったのです。

 

「親知らずはあっても良いことがないから全部抜いたほうが良い」という話もありますが、正常に生えている親知らずは噛むための歯として立派に機能します。

本日は親知らずを抜いたほうが良い、抜かなくてもよい場合の目安をお話します。

 

 

抜いたほうが良い場合

  1. 親知らずが斜めや横向きに生えている

→歯として機能しない(歯が上下かみ合っていない場合)場合、腫れや痛みの原因となる親知らずは抜いたほうが良いでしょう。

 

2.親知らずが原因で歯周病や周りの歯が虫歯になるといった症状が出ている

→横向きに生えた親知らずの周りは細菌が溜まりやすく歯周病や虫歯になるといったことが多く見られます。

 

3.親知らずの周りの歯茎が腫れたり傷んだりを繰り返す

→親知らずの周りの歯茎が腫れると口が開きにくくなる、膿むことによって口臭がするといった症状が出ることがあります。

抜かなくてもいい場合

  1. 親知らずがまっすぐ生えている

→まっすぐ生えていると歯磨きがしやすいため細菌も溜まりにくく、歯周病や虫歯のリスクが下がります。

 

2.親知らずに歯茎がかぶっていない

→親知らずに歯茎がかぶっていると歯磨きが出来ないため細菌が溜まりやすくなりますが、歯茎がかぶっていない歯磨きが出来る状態であれば細菌感染の可能性は減少します。

 

3.親知らずがかみ合っている

→歯として機能している歯は残しておいたほうが良いでしょう。生えてくる角度が良ければ入れ歯やブリッジの土台にすることもできます。

 

 

一番奥に生えている親知らずはとても磨きにくいので、鏡で歯ブラシの毛が親知らずにきちんとあたってるかを確認しながら磨いてみてくださいね。

また、久米歯科でも販売しているプラウト(毛の束が一つだけの歯ブラシ)を使うととっても磨きやすいですよ。

 

親しらずがまっすぐに生え、歯として機能している人は多くはありません。

 

ですが、まっすぐに生えているならば虫歯にしないようにして生涯使える歯として大切にしていきたいですね。