乳幼児にスポーツドリンクって本当に必要?

みなさんの スポーツドリンクのイメージはどのようなものでしょうか?
「健康的」なイメージはありませんか?
大人には効果的かもしれませんが、乳幼児に与えるときは注意してください

スポーツドリンクは、乳幼児や重症心身障害者に ダラダラ飲ませると
虫歯になる確率が非常に高くなります

口腔内環境のPH(ペーハー)が5.7以下の酸性度が強くなると
歯の表面のエナメル質に酸が付着して、エナメル質を溶かす脱灰現象が見られます
したがってスポーツドリンクをダラダラ飲み続けると
虫歯の原因である脱灰現象がおきてきます。

本来、食事をした際に 口の中のPHは下がり酸性度が強くなりますが、
唾液の緩衝作用(常に中性に戻そうとする働き)によって
酸の付着が弱められます。
ダラダラ糖分を取り続けると、唾液中のPHが酸性になり、中性に戻れなくなり歯が溶け出すのです

スポーツドリンクには 砂糖がいっぱい入っています。
また成分によっては PH3.5というようなものもあります。
こんなスポーツドリンクを寝る前に哺乳瓶で飲ませることは絶対やめましょう
もし飲ませたら、歯磨きを徹底しておこなうべきですね

乳幼児は 大人に比べて水分の補給が大切ですが
なにもスポーツドリンクでなくてもいいのです。
普通のお水やお茶、水道水で十分です。

乳幼児期は 味覚を覚える つまり学習する時期ですので
砂糖やクエン酸入りの飲み物を与え続けると、記憶に残り
水道水などの水を飲むことを嫌がりだします。

スポーツドリンクというと 健康的なイメージが強いのですが
乳幼児の摂取には十分注意してほしいものです。
どうしても飲む必要がある場合は、与える時間の間隔を十分において
飲んだらブラッシングを心がけてください

参考までに
糖類の中で虫歯の発生に影響しない糖アルコール(砂糖代替甘味料)は
インスリンの誘発性もなく、低カロリーで、食品の保湿目的で
多くの食品に使用されています。
また、虫歯になりにくい食品の甘味料として使用されています。