歯周病が進むとどうなるの?

歯周病とは、言葉で良く耳にするけど、いまいちどんな病気か知らなかったり、
歯周病が自分にあるのかどうか分からないといろんな疑問が出てきます。。。

本日は、歯周病の気になるQ&Aをご紹介します

Q1、歯周病とは?

歯の周りの病気で、顎の骨(歯槽骨)が溶けていく病気で放っておくと歯を支える骨がなくなってくるので、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

恐ろしいですね。。。

 

 

Q2、歯周病の原因は?

歯垢(プラーク)が原因です。つまり歯の汚れです

 

 

Q3、歯周病になるとどんな症状が出るの?

・歯肉から血が出る(ハミガキ程度の軽い刺激でも出血しやすい)
・歯肉の色が赤みを帯びている
・歯肉が腫れる
・歯肉の先端が丸みを持って膨らんでいる
・歯周ポケットに膿が溜まったり、口臭がする
・歯肉が痩せる
・歯がグラグラしてくる
・歯が抜け落ちる

などの症状が出てきます

 

 

Q4,歯周病に自分がなっているのかどうしたら分かりますか?

歯周病は症状がなかなか表面化しないので、自分自身で歯周病の存在に気付かない人もたくさんいます
歯周病は歯槽骨など、歯の周りの組織まで炎症が進んでしまっていますので、歯槽骨が溶けているかどうか、どこまで歯周病が進行しているのかは、歯科医院でレントゲン写真にて確認を行い、診断してもらえます。

 

 

Q5,歯周病の予防方法、治療方法は?

歯槽骨が溶けるのに従い、歯肉も下がり始めます。歯茎は腫れて溝が深くなり、4ミリ程度の歯周ポケットが出来てきます。そうなると、ポケットの中にも歯垢(プラーク)や歯石がこびりつき、もう歯みがきでは取れません。

歯槽骨がさらに溶け、歯周ポケットは5~6ミリの深さにもなってきます。
歯が浮くような違和感があり、歯茎が痛んだり、膿が出ることがあります。歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見え、隙間も空き、歯並びが悪くなってきたりもします。

こうなってしまう前に、歯周病の予防・治療は、出来るだけ早い段階で歯科で、歯科衛生士から、歯のお手入れ・クリーニングを受けポケット内の歯垢や歯石を取ってもらうことが大切です。

 

 

Q6,歯周病は全身にどのような影響を与えるのですか?

最近の研究では、歯の周辺だけでなく、血管や、心臓・呼吸器などにも歯周病の原因菌が感染して重い病気を引き起こすことが分かってきました。
歯周病予防は、全身の重い病気を予防するうえでも重要です。
歯周ポケットから血液中に入り込んだ、歯周病の原因菌は、全身に広がり、誤嚥性肺炎、心臓血管系疾患、糖尿病などがあります。

 

 

気になった時が、始める時です。歯医者でのケアと定期的なクリーニングを始めましょう!!