喫煙は歯周病の敵‼

なぜ喫煙で歯周病が悪くなるのでしょうか?
岸和田市久米歯科クリニックの歯科衛生士です。

皆様
歯周病が悪くなる原因たくさんありますが、、、
ご存知でしょうか?
今日は喫煙についてをお伝えさせていただきます。

喫煙の何がいけないのか。歯にどのような影響がお考えになられたことはありますか?
もっとも有力な悪さをする者は「ニコチン」です。
タバコに対する依存性をつくりあげ人々を中毒におとしいれる「ニコチン」
が歯の周りの組織「歯周組織」でも悪さをしてくれていることがわかっています。

ということは。。
タバコの煙の中の成分が口の中の粘膜や、
歯茎に吸収されることで歯周病にかかりやすくなったり悪くなったりしてしまうんです。
さらに喫煙者で歯周病が重度となり歯を失っていく傾向は
患者様が一日に吸うたばこの本数や
これまでの何年間喫煙していたか
(喫煙年数)に比例するというんです。

歯が歯周病で抜けていく本数とタバコの吸い方との間に明らかな関連性があります。

ヘビースモーカーの方で若いころから喫煙習慣のある方は要注意!!
特に歯周病にかからないように悪くしないように気を付ける必要があります。

喫煙で口の中に出る症状って?

吸い込まれた煙は歯や口の中の粘膜、そして歯茎に触れながら気管へ、肺へと吸い込まれます。
口の中の様々な組織はできたてのタバコの煙が初めて触れる部分。
この煙は周囲の組織にさまざまな影響を及ぼします。

歯にタールが沈着すると・・・
表面がザラザラし、歯の汚れプラークが付きやすくなります。
歯と歯の間にタールがこびりついてしまうと歯ブラシでは取れにくくなってしまいます。
歯についたプラークは歯石になります。
喫煙されている方では非喫煙者の方と比較すると歯周病にかかるリスクは高まるとともにすでに歯周病にかかっている人はその症状が進行し、重篤になるケースが多いのです。

喫煙は傷の治りを遅らせる!!
喫煙者は治療を受けていてもその後の経過、予後が良好にならないケースもあります。
これもやはりニコチンが影響しています。ニコチンなどタバコの煙の成分が原因で
治療のによってできた傷口を速やかに治そうとする、
上皮細胞や繊維芽細胞という細胞の働きに待ったをかけるためなんです。
骨の中のカルシウム成分が少なくなり健康な骨よりももろい傾向にあるととも言われています。
歯周病にかかった場合歯を取り巻く骨のなくなるスピードが非喫煙者の方よりもスピードが速くなります。

喫煙は数ある生活習慣の中でも様々なリスクを伴うってことがわかりますね。

ご自身のお身体のために・・・・