歯の生えかわりの疑問

みなさんこんにちは。

大阪府岸和田市下松町にある久米歯科クリニックと申します。

 

大体、子供さんが5~6歳になってくると、子供の歯の乳歯がグラグラしてきたり、大人の歯の永久歯が生えてきて生えかわりの時期をむかえます。

 

歯の生えかわりには、大変個人差がありますので、親御さんもたくさんのいろいろな心配や、疑問が出ることもしばしばあります。

 

今回は、そんな歯の生えかわりについてご紹介します。

 

 

まず1つ目は、乳歯が抜けてないのに、後ろから永久歯が生えてくることがあります。

一見見ると、乳歯も永久歯も両方あり、歯並びなど心配される方も多くいらっしゃいます。

 

しかし、生えかわりにおいてこのようなことは大変よく見かけます。

乳歯が揺れている場合は、そのまま自然に抜けるまで経過を見ることが多いです

 

ただし、咬んだ時に強く痛みが出て食事が出来ないなど、日常の生活で支障が出る場合は歯医者で抜歯することもできます。

 

特に下の前歯の生えかわりの時にみることが多く、乳歯が抜けた後、永久歯が裏側から前に移動して来ることが多いです。

 

2つ目は、乳歯がいつまでも生えかわらない時に不安になられる方も多くいらっしゃいます。

 

ある程度の乳歯の交換時期が来ているにも関わらず、なかなか乳歯が抜けずに生え変わらない時もあります。

 

その場合も、一度歯医者へ相談をしてみて下さい。

先ほどもお伝えしたように、歯の生えかわりについてはかなり個人差がありますので、成長がゆっくりな子供さんも中にはいらっしゃいます。

レントゲン写真を撮ってもらえば、永久歯の存在の有無が確認できます

永久歯があれば、そのまま交換するまで待ちます。

 

 

下に永久歯がない場合、先天性欠如といって、もともと永久歯が作られない場合もあります。

その場合、乳歯をそのまま使い続けるか、歯列矯正で乳歯をぬいて永久歯を寄せてきたりします。

この場合もかかりつけの歯科医院でよく相談する必要があります。

 

3つ目は、乳歯の歯の時に歯と歯の間の隙間が多い、いわゆるすきっ歯を気にされる方もいらっしゃいます。

 

永久歯は乳歯より大きい為、生えてくる準備として乳歯の間に隙間が開いてきます。

乳歯の時に隙間がない場合は、永久歯が生えてきたときに凸凹になる可能性があります。

その場合も歯科へ相談して歯列矯正が必要かみてもらいましょう。

 

永久歯への生えかわりが始まるのが6歳前後ですが、子供さんによって早い人もいれば、遅い人もいます。

下の歯の前歯から始まることが多いです。

大体12歳くらいまでに完了することが多いです。

 

初めての歯の生かわりでは本当にたくさんの疑問や不安が出てきます。

 

是非、お気軽にご相談下さい。