C1.C2の治療とは?

歯医者さんで治療した経験のある方は多いと思います。

虫歯治療で来院された方の、

基本的な治療!

それは、まず「虫歯を取り除く」。

虫歯を削り

そして

歯のかわりになる材料で補う

ということになります。

 

その虫歯の状態は

次のような項目をみながらきめていきます。

☆歯の深さで分類

●C1、C2の虫歯の場合・・・・・・根っこの治療が必要ない

●C3、C4の治療の場合・・・・・・根っこの治療が必要

(※根っこの治療は「神経の治療」の事です。これを根管治療といいます)

dh5

 

本日は、C1、C2のときの治療について

少しご説明させていただきますね(^^♪

☆C1、C2の場合の治療

C1もC2も虫歯が神経にまで達していないので、神経を残した治療することができます。
・白い詰め物をするCR(シーアール)という治療

このCR場合、1回の治療で終えることができるます。

虫歯が小さいかったり、前歯の場合

このCRの治療となります。

保険で白い詰め物ができます。

短所としては、プラスチックですので強度が弱いのと

2~3年たつと黄色く変色しやすくなります。

 

 

・型をとる「印象・インショウ」をする治療

虫歯で削ったあとに穴が開いたところに詰め物をする治療です。

大きい虫歯や奥歯であるほど、

CRではなく印象になりやすいです。

 

型(印象)を取る治療は大きく分けて二つに分けられます。

1.インレー(歯を部分的に詰める詰め物のこと)

2.クラウン(歯を全部覆うかぶせ物のこと)

これらは虫歯の大きさ、広さなどで使い分けます。

CRの治療に比べて、強いです。

大きな虫歯にも対応できます。

短所としては、型をとったりするので、1回での治療ではなく

数回かかります。

 

☆インレー・クラウンの保険治療と自費治療

ianly6

詰めもののインレー、クラウンの場合、保険の治療で行うものと、

自費治療で行うものとがございます。

保険の場合ですと、手ごろに治療ができますが、

長い目でみると歯の間に隙間ができたりします。

その結果、再び虫歯になる(二次カリエス)になりやすくなります。

逆に、自費でのセラミックやゴールどなどのつめものは、

柔らかく歯に馴染むため、あとから虫歯になりにくいです。

 

ianly4

久米歯科クリニックでは、詰め物や被せものがあるときは、

きちんと違いをお伝えするカウンセリングを行っておりますので

安心して治療をお受けください♡