日本人は歯への意識が低い?!

日本人は歯への意識が低い?!

 

 

体の病気予防には熱心でも、「歯の病気は治療すればいい」という考えが根強い日本。

 

言ってしまえばその人の「清潔感」を担う大事なパーツであるのです。

 

日本人は比較的“歯”についての意識は低いようで、

歯並びが悪かったり、色が悪かったりというのを気にしない方も多いと思います。

 

しかし、海外では美しい歯というのが非常に重要なことであったりするのです。

アメリカでは歯の美しさは品格までもを表し、白く綺麗に並んでいる歯はステータスとなるのです。

 

最近徐々に増えていっているように思います。

 

それがよくわかるのがTVに出ている芸能人。

 

女優さんやモデルさんだけでなく、お笑い芸人やタレントさんにいたるまで、

今までは白いと目立っていましたが、

逆にホワイトニングをしていない普通の歯の方の方が目立ってしまうほどです。

 

芸能人でなくても、普段生活する中で自分の歯が白いと、笑顔に自信が持てたり、Happyな気持ちになります。

 

ホワイトニングしてみてはどうでしょうか?

 

 

そして、白さだけでなく、一番大切なのが

歯を清潔に保つこと。

 

 

キーンという音が嫌で、「何年も歯医者さんに行ってない」なんて人も多いのではないでしょうか?

 

痛みに我慢できなくなって行ったら、

虫歯がかなり進行していて神経を抜くはめに……なんてことにもなりかねません。

 

アメリカやヨーロッパでは“歯の病気は予防するもの”という考えが根強いです。

 

 

 

アメリカでは4人に1人が虫歯経験ゼロなのに対し、日本はたったの20人に1人!

一体何が違うのでしょうか。

 

何もなくても歯科に行こう!

 

欧米では、歯やお口の中の健康を保つために虫歯などのトラブルがなくても、

歯医者に行く習慣があるひとが、日本に比べてはるかに多い。

 

欧米では、歯科は虫歯になったら行くところではなく、“予防のために”行く場所なのですね。この考え、日本ではまだまだ薄いようです。

 

 

歯石がたまれば歯ぐきも下がり、下がった歯ぐきや骨はなかなか取り戻せませんよね……。

 

 

お家でのケアが基盤となり、歯科ではお家で取りきれない汚れをきれいに落とします。

 

日本人はお家でのセルフケアは、歯ブラシだけ。という方が大半です。

 

そして1本の歯ブラシを数ヶ月も使い続けるという方もよくききます。

 

歯ブラシも、色々な種類が発売されています。

 

自分の歯や歯ぐきの状態に合ったものを選びたいですね。

 

普段の歯ブラシも、自分の口の大きさや構造、歯並びに適したものを選ぶことが大切です。

 

 

歯ブラシだけでは取れない、歯と歯の間の汚れ。

 

歯周病菌は歯間部に潜んでいることが多く、歯と歯の間のお掃除がとっても大切です。

 

歯間清掃器具は、歯間ブラシやフロス、糸ようじなど。

 

 

 

予防しておけば、虫歯の治療の可能性も減りますよね。

 

たかが歯、されど歯ですから、この機会に日々のオーラルケアを見直してみてくださいね。