ジルコニアってなに?

みなさん、こんにちは。大阪府岸和田市下松町にある久米歯科クリニックと申します。

 

今日は、歯科治療で使われる詰め物や、かぶせ物の種類の中の、ジルコニアというものに

ついてお伝えしていきたいと思います。

 

ジルコニアとは聞かれたことはございますでしょうか?

なかなか聞いたことがないという方が多いかと思います。

 

ジルコニアはセラミックの中で最も硬い材料です

 

人工のダイアモンドと言われるくらい硬く、柔軟性もあります。

 

今まで歯科治療でプラスチックの材質やセラミックを入れてもらって欠けてしまい、自分には白い材質が向いていないのかな?と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

何度も欠けてしまう方へはセラミックでは強度不足の為、金属のかぶせ物を行うようになってしまっていたところが、ジルコニアを使用することで、奥歯でも白いかぶせ物をつけて、

しっかり咬んで頂けます。

 

普段から、咬み合わせが強かったり、歯ぎしり、食いしばりがある方や、スポーツをしていてぐっと力を入れた時に食いしばることの多い方などとても向いています。

 

ジルコニアは、口の中で安定している為、変色や劣化も起こしません。

口の中は、酸性、アルカリ性や、いろんな環境になりますが、ジルコニアは安定した材質の為環境の変化にも長期間安定して口の中で機能します。

 

また、ジルコニアは金属の1/3の重さで作ることが出来るため、咬み合わせた時にも、その歯自体や、咬み合う相対する歯への負担も金属より少ないです。

 

ジルコニアは、生体親和性といってとても人の体に馴染みます

金属は口の中に入ると、イオン化して金属アレルギーの原因になったりしますが、ジルコニアは口の中でも安定し、歯に馴染み、身体に悪い影響を与える事がありません。

 

 

 

ジルコニアは、セラミックに比べて、透明感が少ないのが、欠点です。

 

その点でも、奥歯の方が向いています。手前の歯にしたい時は、ジルコニアオールセラミックと言ってジルコニアの表面に透明感のあるセラミックを焼き付けたものが適しています。

 

ジルコニアは、歯よりも硬い為、治療の際に噛み合わせの調節をしっかり行い、噛み合わせの歯を傷つけないようにする必要があります。

 

あと、ジルコニアは白い材質の中でも費用が高めです。

ですが、何度もやりなおして自分の歯を失うよりもしっかりとしたジルコニアの治療をして再治療にならないようにする方が、将来自分の歯を残せる可能性が高くなります。

 

ジルコニアのまとめ

以上、ジルコニアについてです。材質を知って頂いてご興味のある方はいつでも久米歯科クリニックへご相談下さい。