ゴールドって何が良いの?

こんにちは。大阪府岸和田市下松町にある、久米歯科クリニックと申します。

 

歯科で詰め物のゴールドがあると知ったけど、何が良いの?

と疑問に思われる方の為に、本日はゴールドの特徴についてお伝えしたいと思います。

 

一見、ゴールドを見られた方は、みなさん見た目がキンキンしていて嫌だとおっしゃられる方もいらっしゃいます。確かに、セラミックや、ジルコニアなどの白いものの方が歯の色に似せて作られるので、見た目もきれいで、歯にも良いです。

ですが、ゴールドにはゴールドの良さがあるのです

 

まずゴールドの長所は、

 

 

などです。

 

1については、皆さま金箔は見られたことがございますでしょうか?

とてもペラペラしていて薄いですよね

それくらい、伸びのある性質があるために歯と詰め物の隙間に段差が生じにくいのです

ピタッと張り付くようなフィット感があり、使うたびに、吸い付いていく感じがします。

要するに使えば使うほど馴染んでいきます

 

また、硬さも歯と同じ固さの20金を使用しておりますので、歯をすり合わせていく内に歯とともに擦り減りが起きるのでずっと使っていても、段差が生じにくく、隙間から詰め物が外れたり、むし歯になりにくいのです

 

 

また、2の言葉の通り、殺菌効果があるため、歯垢を寄せ付けにくく、ついても歯ブラシでサッと取れやすい為、常にツルツルで清潔な状態を維持しやすい為、詰めた後にむし歯になってしまう。二次カリエスに非常になりにくいのです。

もう歯を削りたくない!むし歯になりたくない!という方にオススメです。

 

詰め物の場合、歯の中に神経が残っていることが多いのですが、神経を残してずっと維持することはとても重要なことなのです。

歯は神経を抜いてしまうと、もろくなってある歯に比べると、寿命が短くなってしまいます。

ですので、神経は出来るだけ残していく方が良いのです。

 

 ゴールドの欠点としては、

 

 

などがあります。

良い点だけでなく短所の部分もあるため、スタッフの方と相談をして詰め物やかぶせ物の際は、自分に一番ぴったり合った、納得のいく治療をしてもらえるようにしましょう!!