キシリトールガムの効果!!

キシリトールガムは虫歯予防にはとってもいいです。

歯磨きができない外出先で食後に食べて、虫歯予防をしている方も多いと思います。

 

 

キシリトールの効果
① 虫歯菌(ミュータンス菌)の数を減らす。
糖類をえさとするミュータンス菌はキシリトールを取り込んでも、生きていくエネルギーにすることができず死んでしまいます。

日常的にキシリトールを摂取することにより、虫歯菌の数が減っていくのです。

② 歯の再石灰化を助ける。

虫歯菌は砂糖をえさにして、酸を作り出します。

この酸によって、歯が溶けていくことを脱灰といい、その結果虫歯になります。

だ液には酸をなくそうとする治癒力があり、それを再石灰化といいます

だ液がたくさんでる
キシリトールの清涼感ある甘さと、ガムを噛む効果で、だ液の出る量が多くなります

だ液は再石灰化とともに、虫歯菌を洗い流す効果(自浄作用)もあります。

ha2

 

 ☆キリシトールガムの効果的な噛み方をご紹介いたします。

1⃣噛んでだ液をたくさん出す

キシリトールの成分は噛み始めの時が一番でます。

キシリトールガムの噛み始めの唾液は、できるだけ長く口の中に残していただくととてもよいです。

かみ始めの唾液を、口の中に長く残していただくことで、虫歯菌に浸透しやすくなり虫歯予防の効果がとっても上がります。

 

2⃣歯磨き前に噛む

キシリトールガムにはベトベトした歯垢をサラサラにする効果があります。

歯磨きをする前にキシリトールガムを噛むことによって歯垢が落ちやすくなります。

 

3⃣食後30分以内に噛む

キシリトールガムは食後の30分以内に噛み始めるといいといわれます。

虫歯菌は食事のときに取り込んだ糖やたんぱく質を餌に酸を出し、歯を溶かします。

食後にキシリトールをかむと、虫歯菌は甘いキシリトールを餌と間違い取り込むのです。

キシリトールを取り込むことで、歯を溶かす酸を出すことができなくなります。

キシリトールガムを早めに噛む方が虫歯予防に効果的です。

4⃣50%以上入っているものを選ぶ

スーパーや薬局などで、キシリトール配合!と記載されているものをよく目にします。

でも、キシリトールが50%以下だと効果は低いです。

市販で発売されているもののキシリトールの量は30%〜70%くらいです。

しかし!!

歯科で販売されているのは100%のものがほとんどです。

ご購入の際はパッケージの裏面をよく見ていただいて50%以上配合のものを選んでくださいね。