冷たいものがしみる!知覚過敏かも

冷たい(温かい)もの、酸味の強いものを飲食したり、
歯磨きをしたとき、「キーン」「ズキンっ」と痛くなることはありませんか?

虫歯でないのに、こういった症状がある。

これは『知覚過敏』かもしれません。

知覚過敏の症状として大きな特徴なのが、一時的に歯がしみるということです。

程度にもよりますが、虫歯の場合、慢性的な痛みに対し、

知覚過敏は一時的に歯がしみるだけで、その痛みは持続しないケースが多いです。


{原因}

大きな原因はエナメル質(セメント質)が傷つき削れ、象牙質が露出する。
象牙質の部分から冷たい物のしみ・痛みを感じます。

セメント質が露出する。

エナメル質が削れる原因は、

・間違った歯磨き(ブラッシング)

歯磨きの際、ゴシゴシと力が強いと毎日の摩擦により歯のエナメル質(セメント質)が傷ついてしまう。
優しく細かく丁寧に磨いてあげるだけで、歯の汚れはしっかりとれます。

・加齢(老化現象)

加齢により歯肉が退縮する(さがる)。
エナメル質が薄くなる。

・研磨剤入りの歯磨き粉を過度に使用する

殆どの歯磨き粉のなかには、磨き上りがツルっとなるように「研磨剤」が入っています。

しかし、長期間、大量に使い続けるとエナメル質を傷つけてしまうことがあります。
底研磨の歯磨き粉や研磨剤無配合のものを使ってください。

・歯ぎしり

歯ぎしりは睡眠時に無意識にしていることが多いです。
歯ぎしりの原因は、「不安・疲れ・ストレス」などといわれています。
歯ぎしりはエナメル質だけでなく、歯周組織全体に力がかかるので、歯周病の心配もございます。

歯ぎしりをやめることが最良なのですが、
難しい場合は、歯を守るナイトガード(マウスピース)を作って保護しましょう。

・歯石除去後にしみる

歯科医院で歯石を取った後に、知覚過敏の症状がでる方がいます。
歯周病で歯肉退縮した部分はしみますが、歯石で覆われていると象牙質に直接刺激が伝わらないので、知覚過敏の症状が出ません。
しかし、歯石をとれば象牙質が露出するので知覚過敏の症状がでやすくなります。

歯石が付着したら早めに、また定期的にクリーニングをしていてください。

など、たくさんの原因がございますが

あてはまるものはありましたか

知覚過敏を抑える歯磨き粉などもあります。

当医院では、『システマセンシティブ』が効果的でおすすめしております

ぜひ一度お試しください☺