シーラント処置が予防歯科でよく行われている訳とは?

岸和田市下松町にある久米歯科クリニックです。

みなさんは 虫歯予防のための「シーラント」という言葉を聞かれたことはありますか?
(正確にはフィッシャーシーラントといいます)

歯の表面の形(解剖学的形態)は、人それぞれ特徴があります。
デコボコの谷の部分(小窩裂溝)は、虫歯菌が入り込みやすいため 虫歯の好発部位です。
歯のデコボコの角度がきつく、底の部分が広がっている溝の部分は食べ物が詰まるだけでなく
歯ブラシの毛先の太さでは届かないため 清掃に限界があります。
そのため虫歯の危険な部位をあらかじめ予防的に封鎖するのがフィッシャーシーラントの目的です。

シーラントは、虫歯のリスクの高い子供さんに有効です

頻繁なおやつの摂取や、歯磨き不良など 保護者が子供の虫歯予防に対して非協力的(やむを得ない場合も多いのですが)な場合
他にも 口の中に1本でも虫歯がある子供さんは 唾液の性質や分量、虫歯菌(ミュウタンス菌など)が多いなどの理由から
虫歯のリスクが高いといえます

 

歯の成熟について
そもそも乳歯や、口腔内に萌出して間もない幼若永久歯は、その表面を覆っているエナメル質が不完全のまま萌出してくるのです。
それが口腔内の唾液に触れることでカルシウムなどが数年かけてエナメル質に取り込まれ
やがて大人の歯と同じような硬いエナメル質となり 酸に溶けにくくなるのです。
このことを私たちは歯の成熟と呼んでいます。

この歯が成熟するまでの間に 口腔内の厳しい環境(虫歯菌が作り出す酸)によってエナメル質が溶けて歯に穴があくのです。
ちょうど 生後間もない動物の赤ちゃんが成長する前に、天敵によって食べられるようなものです。
ですからこの時期を見計らってシーラントをするのです

最近ではフッ素徐放性シーラントといって シーラントに虫歯予防のためフッ素を含ませ

徐々にフッ化イオンを放出し歯の表面に働きかけ、「歯の成熟」を助け、ミュウタンス菌の除菌にも効果があるとの報告もあります。

シーラントの注意点
シーラントは小窩裂溝にしか応用できないため、歯と歯の間にできる虫歯の予防はできません
また、永久的な効果はありません。一時的です。一般的に半年~2年程度といわれています。
理由は、歯の成熟までの一時期、虫歯になるのを防ぐためで、歯を削って詰めるのではなく接着させただけで、
やがてすり減ってなくなるからです。
また、そのすり減る事が重要で 成長と共に 噛み合わせも変化成長するため、悪影響を与えないために
それに合わせてすり減るようにしてあるのです。

シーラントだけで虫歯は防げるのではないのですが、有効な武器であると思います