骨粗鬆症と歯周病の関係

骨粗鬆症とは?

 

骨粗鬆症は、「骨強度(骨密度と骨の質)の低下によって、骨折リスクが高くなる骨格の

疾患」です

 

一見、歯周病には関係がないように思えますが、実は、骨粗鬆症と歯周病は深い関係が

あるのです

 

骨量は、20~40歳頃をピークに、加齢とともに、主に骨の中のカルシウムの減少に伴って

減少します。

 

近年の高齢化にともなって骨粗鬆症患者は増加しています

 

骨密度が高まるのは、小児期、思春期、青年期などの発育期、のみであることから、その時期の十分な運動と栄養バランスを心がけることが大切です。

 

 

歯周病と「骨粗鬆症」の関係

 

骨粗鬆症が進行している歯周病患者ほど歯槽骨吸収が多く、歯周病活動度が高い傾向を示しているという報告もあります。

 

 

骨粗鬆症の歯周炎への影響とメカニズム

 

今まで良好に経過していた方でも、更年期中に卵巣機能が低下してホルモン欠乏状態になります。

 

更年期を迎えると、一般的に、口腔の灼熱間、口腔乾燥症、味覚の変化、口内炎などの症状が起こりやすく、今までよりも歯垢による歯肉からの出血が起こりやすくなります。

 

また、早期閉経を迎えた方の場合は、より早く骨密度が低下し、骨粗鬆症となるリスクも高くなっているため、必要であれば、歯科にかかりしっかりと検査をしてもらいましょう。

 

 

 

骨粗鬆症治療の口腔への影響

 

積極的な骨粗鬆症治療は、歯の喪失顎骨の骨密度歯槽骨の吸収に抑制的な効果があるといわれています。

 

また、骨粗鬆症治療薬の骨吸収抑制剤が、歯周病の進行を抑制する可能性があると報告されています。

 

しかし、長期に渡って骨粗鬆症の薬を服用している方の抜歯は、難治性の顎骨壊死の可能性も示唆されている為、内科主治医と歯科医師にしっかり相談することが必要です。

 

 

一方、食事で気を付ける点は、積極的にカルシウムの含まれてる食物を摂取し、それを効率よく体内に取り込ませることが大切です。

 

日本人の成人では、骨密度を増加させ保持する為には、1日800㎎以上のカルシウムが必要です。

また、摂取したカルシウムを腸からきちんと吸収されるためには、ビタミンDの働きが必要です。

 

カルシウムが豊富に含まれ、また吸収しやすい食品は、牛乳や乳製品です。

 

牛乳1本に220~260㎎程度のカルシウムが含まれています。

 

豆腐や大豆製品も、カルシウムの効率的な摂取には魚介類よりも適しているようです。

 

ビタミンDが豊富な食品は、魚、キノコ、鶏卵です。

 

ここまでで、すこし、歯周病と骨粗鬆症の関係性について知っていただけたと思います。

 

ぜひ、歯を長持ちさせる為にも、骨粗鬆症にも気を付けていきましょう