年齢で乳歯の虫歯になりやすい場所を教えちゃいます

 

 

こんにちは!岸和田市の下松町にある久米歯科クリニックです!!

 

虫歯になり苦労されたことのあるお母さま・お父さま。

自分の子どもには虫歯で苦労させたくないなと考えられたことありますよね?

 

でも、どうしたら予防になるのかよくわからない……

または、よく虫歯になる場所はどこなんだろう…?と思われたかも多いはず!!!

 

そんなお母さま・お父さまに必見です!

 

今回のお話内容は乳歯で年齢に合わせた歯磨きによる虫歯予防をお伝えします。

 

 

まず知っていてほしいことがあります!

 

乳歯は虫歯になりやすいです!!!

 

 

では、次に年齢でなりやすい場所を教えちゃいます!!!

 

― 2歳ころまで -

 

上の前歯の唇側面が虫歯になりやすい場所です!

 

― 2~3歳ころ -

 

上の前歯の歯と歯の間のと所が虫歯になりやすい場所です!

 

― 3歳を過ぎたころ -

 

上と下の奥歯の噛む面の所が虫歯になりやすい場所です!

 

― 3歳6カ月から -

 

上と下の奥歯の歯と歯の間に虫歯になりやすい場所です!

 

今お伝えした順番で絶対になるというわけではないですが1番虫歯になるリスクが高い場所になります!!

 

また、哺乳齲蝕(ほにゅううしょく)といった虫歯も3歳未満の子供さんに多く見られます。

 

 

虫歯になる場所は

上の前歯の裏側(上あご側)に虫歯が出来ます!!

 

なぜ寝る前に母乳などを飲んで虫歯になってしまうかと言いますと

 

糖質を含む飲み物飲みながら寝てしまうのが1番の原因です。

寝てしまうとほとんど唾液の量が減って、お口の中に母乳などが残ってしまい歯の表面に糖質がついたままになります。

そして、そこに虫歯菌が酸を出し、虫歯になります!

 

この哺乳齲蝕予防するためには、糖質が入った飲み物などを飲ませながら寝かせるのやめることで予防になります!!

 

子どもさんはご自身でしっかり磨くことが出来ません…

 

お母さま・お父さまが仕上げ磨きをしてあげることによって虫歯のリスクをぐーーーんと下げることが出来ます!!!

 

 

仕上げ磨きのやり方に自信のない…そんな方はぜひ、久米歯科クリニックの定期健診に来てください。その時不安なところをご指導させて頂きます♡

ぜひ、お待ちしております!!!